教育向けタブレットKano PC、純正カメラ発売

 リンクスインターナショナルは2020年10月31日、教育向け2in1タブレットKano PCの純正アクセサリとして、フレキシブルアーム式Webカメラ「Kano Camera」を全国の家電量販店とリンクス直販で発売した。推奨売価は5,478円(税込)。

教育ICT その他
Kano Camera
Kano Camera 全 8 枚 拡大写真
 リンクスインターナショナルは2020年10月31日、教育向け2in1タブレットKano PCの純正アクセサリとして、フレキシブルアーム式Webカメラ「Kano Camera」を全国の家電量販店とリンクス直販で発売した。推奨売価は5,478円(税込)。

 Kano PCは、PCの基盤やバッテリー、スピーカーなどの部品を自分で組み立て、コンピュータの仕組みを理解しながらプログラミングなどのSTEM学習を行える新しいタブレットPC。自社製のWindowsアプリにより、コンピュータやプログラミングの基本的な知識を遊びながら学べるようにデザインされている。

 Kano Cameraは、Kano PCの純正Webカメラ。Kano PC以外でも使用できる。フレキシブルアームを搭載し、リモート授業やWeb会議で顔を映すだけでなく、前後左右どの方向にも撮影できる。

 マクロレンズは、レンズ部をスライドすると切り替え可能。マクロモードでは、手元のノートや教科書などを接写でき、通常のWebカメラでピントがあわない距離でもくっきりと撮影できる。また、レンズスライドを中央で止めると、物理的にカメラが映らないプライバシーモードに切り替えられる。LEDライトを内蔵しているので、手元を撮影するアングルも暗くならないようになっている。

◆Kano Camera
型番:Kano Camera 1013
発売日:2020年10月31日(土)
推奨売価:5,478円(税込)

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集