東武鉄道「SL大樹重連運行試乗会ツアー」12/6…GoTo対象

東武鉄道(東武)は11月10日、「SL大樹重連運行試乗会ツアー」の詳細を発表した。

趣味・娯楽 その他
『SL大樹ふたら』として、東武日光駅に入線したC11 207。
『SL大樹ふたら』として、東武日光駅に入線したC11 207。 全 3 枚 拡大写真
東武鉄道(東武)は11月10日、「SL大樹重連運行試乗会ツアー」の詳細を発表した。

真岡鐡道から7月に購入したC11形蒸機機関車325号機(C11 325)が、12月26日から『SL大樹』の牽引機に加わることを前にして、「2020東武プレミアムファンツアー」の第1弾として12月6日に催行されるもので、南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)でC11 207とC11 325の重連による列車の試乗、SL検修庫の特別見学、重連走行時や停車時のSL撮影などが予定されている。SL検修庫では復元中の「C111」(復元後は「C11 123」)を見学できる。

出発地は浅草駅(東京都台東区)または北千住駅(東京都足立区)で、会場の南栗橋車両管区最寄りの南栗橋駅(埼玉県久喜市)まで、北千住駅からは100系『スペーシア』または634形『スカイツリートレイン』で、浅草駅からは200系『りょうもう』で往復する。なお、『スカイツリートレイン』利用の場合、走行時のSL撮影はできない。

旅行代金は『スカイツリートレイン』利用が1万400円で、それ以外は1万3000円(100系『スペーシア』の個室利用は7200円の追加)。このツアーは「GoToトラベル」の支援対象となる。

申込みは11月12日11時から東武トップツアーズのWeb販売センターで受け付けるが、100系『スペーシア』の個室を利用する場合は、春日部駅・新越谷駅・柏駅・ららぽーと柏の葉・北千住駅・志木駅・池袋駅・宇都宮の各支店で受け付ける。

東武のSL、重連姿を初披露…「SL大樹重連運行試乗会ツアー」 12月6日催行

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集