緊急事態宣言の拡大踏まえ、感染対策徹底など通知…文科省

 緊急事態宣言の対象区域拡大を踏まえ、文部科学省は2021年1月14日、感染症対策の徹底や留意事項について、小中高校や大学の設置者などに通知した。小中高などにはチェックリストによる感染症対策の総点検、大学などには感染対策徹底と学修機会確保の両立を求めている。

教育業界ニュース 文部科学省
画像はイメージ
画像はイメージ 全 1 枚 拡大写真
 緊急事態宣言の対象区域拡大を踏まえ、文部科学省は2021年1月14日、新型コロナウイルス感染症対策の徹底や留意事項について、小中高校や大学の設置者などに通知した。小中高にはチェックリストによる感染症対策の総点検、大学には感染対策徹底と学修機会確保の両立を求めている。

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象区域は、首都圏1都3県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に7府県(栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)が追加された。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集