【高校受験2021】神奈川県公立高「合格」はWeb発表…コロナ感染防止

 神奈川県は2021年1月14日、2021年度(令和3年度)の公立高等学校入学者選抜の合格発表をWebサイトで行うと公表した。現在の新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、新たな感染拡大防止の取組みとして決定した。

教育・受験 中学生
画像はイメージです
画像はイメージです 全 3 枚 拡大写真
 神奈川県は2021年1月14日、2021年度(令和3年度)の公立高等学校入学者選抜の合格発表をWebサイトで行うと公表した。現在の新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、新たな感染拡大防止の取組みとして決定した。

 神奈川県は2021年度公立高校入学選抜において、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止に係る対応として、これまで学力検査の出題範囲の一部除外、追加の検査のほか、志願手続の郵送対応および追加の二次募集について知らせている。さらに今回、3月1日に予定している合格発表について、「合格発表Webサイト」で発表を行うことを公表した。

 Webサイトで合格発表を行うことで、発表時間に高等学校に行くことなく合否結果がわかる。これまではすべての受検生が来校して合否結果通知書を受領していたが、Webサイトで合否を確認後、合格者だけが入学手続等に必要な書類を受け取りに来校することとなる。合格者が必要書類を受け取る時間帯については、受検番号や在籍中学校により分けることで、これまでは午前10時の合格発表時間前後に多くの受検生が高等学校に集まっていた、いわゆる「密」の状態を避けることができるという。

 Webサイトでの合格発表は、受検生ひとりひとりにあらかじめ渡すIDとパスワードでログインすると、今まで手渡しをしていた「合否結果通知書」を閲覧できる。Webサイトは、パソコン、スマートフォン(タブレット含む)に対応。合格発表を閲覧できる時間帯は、すべての課程において共通で、3月1日午前9時~3月2日午後6時。

 なお、インターネットを利用できない環境にある受検生やWebサイトが不測の事態により見られない場合については、従来の各高等学校での「合否結果通知書」の交付による発表で対応する。その場合は、3月1日に指定の時間帯に志願先の高等学校に来校する。

 2021年度入学者選抜において、前年度から変更する点(郵送による志願手続や検査当日の感染防止対策、「Webサイト」による合格発表等)について、一層の周知を図るため、内容をまとめた中学3年生向けのリーフレットを作成する予定。作成したリーフレットは、1月20日までに県内国公立中学校の3年生全員に各中学校を通じて配付し、県教育委員会のWebサイトにも掲載する。

《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集