基礎学力を「評価」する国際検定、第1回3/21無料

 スプリックスは、基礎に特化した学力を正しく測る小中学生向け国際基礎学力検定「TOFAS」を2021年3月21日より開始する。オンライン環境があれば誰でもどこからでも受検が可能で、基礎学力の評価や世界規模での比較ができる。第1回は受検料無料。申込みは3月17日まで。

教育・受験 小学生
TOFAS
TOFAS 全 2 枚 拡大写真
 スプリックスは、基礎に特化した学力を正しく測る小中学生向け国際基礎学力検定「TOFAS」を2021年3月21日より開始する。オンライン環境があれば誰でもどこからでも受検が可能で、基礎学力の評価や世界規模での比較ができる。第1回は受検料無料。申込みは3月17日まで。

 すべての学力の土台となる「基礎学力」は、日本の保護者の96%が子どもに必要と考えている一方、子どもの基礎学力に満足する日本の保護者は26%にとどまり、他国と比べ圧倒的に満足度が低いという。

 個別指導塾「森塾」などを運営するスプリックスは、基礎学力は世界でも重要視されている要素であることから、基礎学力をグローバルに図ることを目的とした「TOFAS(Test of Fundamental Academic Skills)」を実施する。

 第1回TOFASでは、対象科目である計算において、小3~中3を履修学年の目安とした4つのレベルのテストを実施する。オンライン環境が整っていれば、どこでも誰でも受検が可能で、日本以外の子どもたちも受検対象となる。その他の科目は順次追加を予定する。

 TOFASでは、正答率や合否結果に加え、受検データを分析してひとりひとり個別にフィードバック。結果を可視化することで、学力向上に必要な「のびしろ」を知り、基礎学力の確実な定着につなげていくという。

 TOFASは公式Webサイトより申込み可能。3月21日の第1回検定は受検料無料で実施する。3月17日まで申込みを受け付ける。

◆第1回TOFAS(Test of Fundamental Academic Skills)
受検日時:2021年3月21日(日)10:00~19:00
申込期間:2021年1月27日(水)~3月17日(水)
申込方法:TOFAS公式Webサイトより申し込む(メールアドレスを入力し、フローに従い必要情報を登録、受検日やレベルを選択し申込完了)
対象科目:計算(その他科目は、順次追加)
検定時間:40分
問題数:100問
合格ライン:正答率80%以上
出題形式:4つの選択肢から、回答を選択する形式
必要な物:PCまたはタブレット、受検情報が示されたメール、計算用紙、筆記用具
受検結果:受検日の7日後以降にメールを配信(Web上で結果の閲覧が可能)

《勝田綾》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集