オンライン社会科見学で地域産業を体験、学研キッズネット

 「学研キッズネット」と「キッズチャレンジエキスポ」は、オンライン社会科見学ができるコンテンツ「シゴトのトビラ」を、2021年3月18日より学研キッズネット内に公開する。第1弾の協力地域は「横浜市」と「ヨコハマSDGsデザインセンター」。

教育・受験 小学生
動画イメージ(1)協力:横浜市金沢消防署
動画イメージ(1)協力:横浜市金沢消防署 全 6 枚 拡大写真
 「学研キッズネット」と「キッズチャレンジエキスポ」は、オンライン社会科見学ができるコンテンツ「シゴトのトビラ」を、2021年3月18日より学研キッズネット内に公開する。第1弾の協力地域は「横浜市」と「ヨコハマSDGsデザインセンター」。

 「シゴトのトビラ」は、緊急事態宣言が続くコロナ禍の中、子どもへの社会体験機会を創出するための教育プロジェクトとして、小中学生向けポータルサイト「学研キッズネット」と、教育と産業で地域活性化を目指す「キッズチャレンジエキスポ」が共同して開設する。

 「シゴトのトビラ」では、各地域の企業・団体をマッピングし、動画および記事コンテンツで全国の企業の工場・職場のようすや働く人たちのインタビューを取り上げる。動画は、子どもたちが将来の仕事について具体的にイメージできるように、現場体験型の切り口で紹介する。

 記事内では、その職業に就くための「なるためチャート」の活用や、企業の商品・サービスを紹介するだけでなく、「経済活動」と「持続可能な社会づくり」の2つの意識付けを促すために、SDGsへの取組みなどについても紹介する。

 同プロジェクトは、各地域の魅力を伝え、教育の観点から地域産業を活性化させる役割も担っており、初の協力地域として「横浜市」と「ヨコハマSDGsデザインセンター」が決定した。

 「シゴトのトビラ」は3月18日正午より、「学研キッズネット」内に「シゴトのトビラ」ページを開設。今後は、地域の企業における職業体験イベントや、「学研キッズネット」の人気プロジェクト「自由研究」とコラボレーションしたイベントなどの実施を予定する。

《勝田綾》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集