【高校受験2021】埼玉県公立高入試・学校選択問題<数学>講評…難易度ともに昨年同様

 令和3年2月26日(金)、令和3年度(2021年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜が実施された。リセマムでは、スクール21の協力を得て、学力検査「数学」(学校選択問題)の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

教育・受験 中学生
【高校受験2021】埼玉県公立高入試・学校選択問題<数学>講評
【高校受験2021】埼玉県公立高入試・学校選択問題<数学>講評 全 1 枚 拡大写真
 令和3年2月26日(金)、令和3年度(2021年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜が実施された。埼玉県教育委員会が2021年2月22日に発表した埼玉県公立高等学校入学者選抜志願確定者数は、全日制の普通・専門・総合学科の合計で、入学許可予定者数3万6,040人に対し、志願確定者数は3万9,475人。倍率は1.09倍だった。リセマムでは、スクール21の協力を得て、学力検査「学校選択問題・数学」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

学校選択問題<数学>講評
(スクール21 提供)



 大問数、難易度ともに昨年同様でした。ただ時間が足りなかった受検生も多かったのではないでしょうか。

大問1.小問集合


 中学校で学習する広い領域から出題されました。(5)では有効数字に関する問題が出題されました。ここ数年出題されたことのないものでしたので、戸惑った受検生もいたかもしれません。
 (10)では学力検査でも同じような問題が出題されましたが、図形が複雑になり、説明の仕方(書き方)が難しかったかもしれません。

大問2.図形(作図)・関数


 基本的な問題だったので取り組みやすかったでしょう。

大問3.整数に関する問題


 (1)は証明問題でしたが、基本的な問題でした。
 (2)は「余り」に関する問題で、解き慣れていない受検生が多かったのではないでしょうか。また完答しなければならない問題だったため、正答するのは難しかったと思われます。

大問4.平面図形


 相似を利用する問題でした。全体としては少し解きづらい問題でした。図形の特性を正しく理解し、それを活用できるかどうかで差がついたと思われます。

大問5.動点の問題


 (1)は平易な問題でしたが、(2)(3)は2つの点が動く面積についての問題で、場合分けをして考えなければならない、難度の高い問題でした。また答えを複数求めなければならない問題だったため、苦しめられた受検生も多かったでしょう。

--
 このレポートは令和3年2月26日(金)に速報としてスクール21により作成されたもの。

協力:スクール21

《編集部》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集