名古屋外大生に週末留学プログラム…オンライン提供

 NPO法人コモンビートが運営するオンライン留学「Jump in 週末留学」2021年春プログラムが、名古屋外国語大学世界共生学部の単位認定研修として導入されることになった。コロナ禍で海外渡航できない学生に異文化体験学習を提供する。

教育・受験 大学生
スペインと中継をつなぎ、現地の暮らしや文化を学ぶクラスのようす
スペインと中継をつなぎ、現地の暮らしや文化を学ぶクラスのようす 全 3 枚 拡大写真
 NPO法人コモンビートが運営するオンライン留学「Jump in 週末留学」2021年春プログラムが、名古屋外国語大学世界共生学部の単位認定研修として導入されることになった。コロナ禍で海外渡航できない学生に異文化体験学習を提供する。

 「Jump in 週末留学」プログラムは、各国のゲストを招いて世界の多様さを学べる約1か月のオンライン留学プログラム。誰でも気軽に世界とつながれる機会を届け、異文化体験を通じた学びを提供することを目的に、2020年に立ち上げた。

 新型コロナウイルスの影響により、大学では海外渡航を含む多くの実地研修が中止となり、今後の再開の見通しも立っていないのが現状。それでも学生の異文化体験の機会を守るため、名古屋外国語大学の地域創生科目「グローバル・コミュニケーション」の中で、「Jump in 週末留学 2021 Spring」が単位認定研修として採用されることになった。コロナ禍における、短期研修としてのオンライン国際交流プログラムの実施は、同大学で初めての試みだという。今回採用されたプログラムには、世界共生学部以外の学生も参加可能となっている。

 「Jump in 週末留学 2021 Spring」プログラムは、1か月の間に10か国以上とつないで、「暮らし・仕事・社会問題・表現」などのテーマのクラスを開催。名古屋外国語大学からの参加者と一般公募の社会人や他大学の学生、総勢40人が共に学ぶ。1か月間のプログラム期間内にはホームルームなども設けられ、海外との出会いだけでなく学生と社会人との交流も楽しめる新しいオンライン留学プログラムとなっている。プログラムの期間は、2021年2月20日~3月14日。

 2021年の「Jump in 週末留学」は、春プログラム以外にも、夏と冬に開催を予定している。夏は8月中旬~9月中旬、冬は11月中旬~12月中旬。対象は、プログラム開始時点で18歳以上 (高校生不可)、プログラム日程に8割以上参加可能であり、かつ「入学ガイダンス・卒業ぷれぜん・卒業式」に必ず参加可能であることなど。スチューデント募集はプログラム1か月前からで、6月ころにオンライン説明会の詳細公開予定。参加費は2万2,000円(税込)、定員は35人。

《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集