ほぼ日、AR地球儀を授業で使ってみたい学校・塾を募集

 ほぼ日は、スマホやタブレットをかざすと世界の情報が飛び出すAR地球儀「ほぼ日のアースボール」を授業で使ってみたいクラスを募集している。応募は2021年4月26日午前11時まで。対象は、小中高の学校関係者やそのほかの教育関係者。

教育ICT 先生
「ほぼ日のアースボール」を授業で使ってみたいクラスを募集している
「ほぼ日のアースボール」を授業で使ってみたいクラスを募集している 全 1 枚 拡大写真
 ほぼ日は、スマホやタブレットをかざすと世界の情報が飛び出すAR地球儀「ほぼ日のアースボール」を授業で使ってみたいクラスを募集している。応募は2021年4月26日午前11時まで。対象は、小中高の学校関係者やそのほかの教育関係者。

 「ほぼ日のアースボール」は、国境も国名もない“宇宙から見た地球そのまま”の地球儀。19種類のコンテンツが入った専用アプリでスマホやタブレットをかざすと、リアルタイムに地球上で変化する雲や雨、気温のようすや、世界のさまざまな情報が飛び出してくる。

リシードで全文を読む

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集