ノエビア、鹿児島与路島「海の子留学」第7期4月スタート

 ノエビアは2021年4月より、新たな留学生を迎え入れ「海の子留学」第7期をスタートする。第7期留学生は、兵庫県・熊本県・京都府から来る小学4年生の男女3名。4月6日には始業式と入学式が行われ、新たな仲間と共に新学期が始まる。

教育・受験 小学生
与路グリーンハウス
与路グリーンハウス 全 3 枚 拡大写真
 ノエビアは2021年4月より、新たな留学生を迎え入れ「海の子留学」第7期をスタートする。第7期留学生は、兵庫県・熊本県・京都府から来る小学4年生の男女3名。4月6日には始業式と入学式が行われ、新たな仲間と共に新学期が始まる。

 ノエビアはCSR活動の場として、2014年10月に鹿児島県予路島に「予路グリーンハウス」を開設した。瀬戸内町教育委員会が策定した「予路小・中学校留学里親制度」を利用し、里親方式(ホームステイ)で小・中学生を受け入れ、子どもたちの健全育成や地域活性化を目指した活動を行っている。

 4月にスタートする「海の子留学」第7期には、兵庫県・熊本県・京都府から来た小学4年生の男女3名が参加。留学生からは、「与路島での生活を通して自然や生き物の命の大切さを知って、留学後もその気持ちを大事にしていきたいです(兵庫県・小4女子)」「苦手なことを克服したいです。自然と友達になって虫にも触れられるようになりたいです(熊本県・小4男子)」「学校のお友達とみんなで一緒に遊びたいです。また、自分でバナナをとって食べてみたいです(京都府・小4女子)」といった声が寄せられている。

 留学生の活動のようすは、「海の子ブログ」やFacebookで発信している。

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集