東京海上日動、小学生向け「SDGsを知ろう」シリーズ動画

 東京海上日動火災保険は、SDGsについてわかりやすく解説した子供向け動画「SDGsを知ろう」シリーズ(全8回)をWebサイトで公開。SDGsの目標達成に向けて日々の生活の中でどのような行動ができるのかを学ぶことができる。

教育ICT 小学生
SDGsを知ろう
SDGsを知ろう 全 2 枚 拡大写真
 東京海上日動火災保険は、SDGsについてわかりやすく解説した子供向け動画「SDGsを知ろう」シリーズ(全8回)をWebサイトで公開。SDGsの目標達成に向けて日々の生活の中でどのような行動ができるのかを学ぶことができる。

 「SDGs(持続可能な開発目標)」とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミット採択の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」といった17のゴールと、169のターゲットで構成されている。

 「SDGsを知ろう」シリーズは、おもに小学校の中~高学年を対象に制作したもの。1編10分以内の動画で、「意識と行動をほんの少し変えるだけで、誰でもSDGs達成に貢献できる」ことを、日常の身近な出来事を題材に解説している。

 動画では、SDGsの目標に該当する8つのテーマを取り上げている。第1編では、「2030年はどんな世界になっているんだろう」をテーマとし、SDGsとは何か、また「いつまでに」「誰が」「どのような取組み」をする必要があるのかを学ぶことができる。第5編では、「海洋プラスチックごみ問題とSDGs」をテーマとし、海を汚染する原因の1つであるプラスチックごみ問題について考え、豊かな海を守るためにできることを学ぶ。

 動画は東京海上日動火災保険Webサイトにて視聴できる。

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集