関学「競技スポーツ局」創設、体育会の課外活動を正課外教育へ

 関西学院大学は2021年4月、これまで課外活動であった体育会活動を正課外教育として位置付け、その活動を支援するための新たな組織「競技スポーツ局(KGAD:Kwansei Gakuin University Athletic Department)」を創設した。4月20日時点で8団体10チームが加盟している。

教育業界ニュース その他
関西学院大学競技スポーツ局(KGAD)
関西学院大学競技スポーツ局(KGAD) 全 1 枚 拡大写真
 関西学院大学は2021年4月、これまで課外活動であった体育会活動を正課外教育として位置付け、その活動を支援するための新たな組織「競技スポーツ局(KGAD:Kwansei Gakuin University Athletic Department)」を創設した。4月20日時点で8団体10チームが加盟している。

 大学におけるスポーツ活動は、おもに「体育会」とその傘下の各競技団体が独自の規則などに則って管理運営しており、正課とは一線を画した「課外活動」と位置付けられてきた。一方、近年の高等教育研究において、多くの学生が社会で必要とされる汎用的能力を課外活動によって身に付けていることが示されており、大学には知識修得だけでなく、学生の汎用的能力の育成や価値観・倫理観等の資質の養成が求められているという側面が明確にある。

リシードで全文を読む

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集