【中学受験2022】筑波大附、報告書点に「英語」追加

 筑波大学附属中学校は、2022年度より入学試験を変更する。前年度との変更点は、報告書点に英語を加え、報告書点を36点満点から42点満点とする。学力検査は2022年2月3日に実施する。

教育・受験 小学生
2022年度入学試験変更に関するお知らせ
2022年度入学試験変更に関するお知らせ 全 2 枚 拡大写真
 筑波大学附属中学校は、2022年度より入学試験を変更する。前年度との変更点は、報告書点に英語を加え、報告書点を36点満点から42点満点とする。学力検査は2022年2月3日に実施する。

 2022年度の入学試験は、2月3日に国語・算数・社会・理科の4教科の学力検査を行う。学力検査時間は、国語と算数が各40分、社会と理科が2教科あわせて40分。学力検査得点は、国語と算数が各50点、社会と理科が各25点の計150点満点。なお、2020年度入試まで実施した音楽・図画工作・家庭の学力検査と体育の実技試験は行わない。

 報告書点は、6年生12月末の9教科の学習の記録(評定)計42点満点とする。国語・算数・社会・理科は各3点、音楽・図画工作・体育・家庭・英語は各3点×2倍。

 合否は、学力検査点と報告書点の合計点および報告書の記入内容を総合的に判断して判定する。募集人員は、男女合わせて約80名(男女ほぼ同数)。

 詳細は、後日Webサイトに掲載予定の「令和4年度生徒募集要項」を参照のこと。

《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集