【大学受験2022】女子大初の工学部を設置、奈良女子大

 奈良女子大学は2022年4月、工学部を新設する。女子大学が工学部を設置するのは日本で初めて。現在、文部科学省に設置許可を申請中。入学定員は45人。このうち、一般・学校推薦選抜で30人、総合型選抜探究力入試「Q」で15人を募集する。

教育・受験 高校生
奈良女子大学工学部のチラシ
奈良女子大学工学部のチラシ 全 2 枚 拡大写真
 奈良女子大学は2022年4月、工学部を新設する。女子大学が工学部を設置するのは日本で初めて。現在、文部科学省に設置許可を申請中。入学定員は45人。このうち、一般・学校推薦選抜で30人、総合型選抜探究力入試「Q」で15人を募集する。

 奈良女子大学は、日本に2つしかない国立女子大学の1つ。現在、文学部、理学部、生活環境学部の3学部がある。工学部の新設にともない、生活環境学部は改組。生活環境学部の情報衣環境学科と生活文化学科は募集を停止し、文化情報学科(生活文化学コース・生活情報通信科学コース)を新設する。

 新設する工学部で学ぶことができるのは、環境デザイン系(環境・建築・造形デザイン)、情報系(プログラミング・センシング)、材料系(有機、無機、物質化学・高分子)、生体医工学系(生体情報計測・福祉工学)。学生は、PBL(創造的課題解決演習)を軸として、分野横断的な学びを段階的に体験。自由に科目を選択し、個性に応じた学びやキャリアを形成することができる。

 工学部の第1年次入学定員は45人、第3年次編入学定員は10人。第1年次入学定員45人のうち、一般・学校推薦選抜で30人、総合型選抜探究力入試「Q」で15人を募集する。探究力入試「Q」は、スクウェア型とキューブ型があり、いずれも大学入学共通テストは課さない。スクウェア型は第1次を調査書と志望理由書、第2次をデータ・資料の読取り、レポート作成、ディスカッションで選考。キューブ型は第1次を調査書と志望理由書、研究計画書、第2次を研究計画書に基づくプレゼンテーションから選考する。

 なお、工学部新設は設置構想中であり、今後変更の可能性がある。

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集