【大学受験2021】混乱続きの入試改革元年を記録…旺文社

 旺文社教育情報センターは2021年5月25日、「2021年入試改革元年コロナ禍入試の記録」をWebサイトに掲載した。英語成績提供システムと共通テスト記述式の導入見送り後、新型コロナが襲い、混乱続きとなった2021年の大学入試についておもな動き等を記録としてまとめている。

教育・受験 高校生
旺文社教育情報センター
旺文社教育情報センター 全 1 枚 拡大写真
 旺文社教育情報センターは2021年5月25日、「2021年入試改革元年コロナ禍入試の記録」をWebサイトに掲載した。英語成績提供システムと共通テスト記述式の導入見送り後、新型コロナが襲い、混乱続きとなった2021年の大学入試についておもな動きや国の施策を記録としてまとめている。

 「2021年入試改革元年コロナ禍入試の記録」は、2021年実施の大学入試に際して、どのような国の施策、大学の動きがあったのか、おもなものを記録として示したもの。

 2021年は入試改革元年として、英語成績提供システムの運用、大学入学共通テスト(以下、共通テスト)の国語・数学での記述式問題の出題が予定されていた。しかし、2019年11月に英語成績提供システムの導入、12月には共通テスト記述式問題の出題がそれぞれ見送られた。共通テスト本番まで1年余りという時期に入試改革の柱である方針が変更される事態となった。

 2020年に入ると、国内で新型コロナウイルス感染症の陽性者が報告され、3月から学校が臨時休校となった。4月には全国に緊急事態宣言が出され、学校は臨時休業が続き、オープンキャンパスや合同説明会等のイベントは中止となった。

 例年であれば6月初旬に出される「大学入学者選抜実施要項」は、コロナ対応で遅れ、6月19日に文部科学省からようやく公表された。共通テストは、第1日程・第2日程・特例追試験の3段構えでの実施が示された。6月30日には大学入試センターが「大学入学共通テスト実施要項」を公表。これを受けて、国立大学協会と公立大学協会はすでに出していた「選抜実施要領(改訂版)」を7月に再改訂した。各大学では、公表済みの選抜要項等の修正が続いた。

 8月7日には、「Japan e-Portfolio」の運営許可が文部科学省によって取り消された。「Japan e-Portfolio」の運営は、教育情報管理機構に対して「許可(条件付き)」となっていたが、債務超過等を理由に取り消され、2021年入試でも利用できないこととなった。9月11日以降は、データへのアクセスもできなくなることも公表された。入試改革の柱の1つである「主体性等の評価」の“象徴”の運営許可取消しにより、利用を予定していた大学や受験生は、コロナとは関係のないところで入試要項の変更を行うこととなった。

 9月入り、総合型選抜・学校推薦型選抜が始まったが、選考方法の1つである面接は中止となったり、集団面接やディベートが個人面接になったり等、変更が続いた。面接をオンラインでの実施に変更する大学が少なくなかったが、一部大学が「通信が途切れ試験が続けられない場合、試験を打ち切る場合がある」旨を公表したことで、受験機会の確保について懸念の声が高校関係者からあがった。

 新型コロナの陽性者数が増加する中、2021年1月5日に萩生田文科相は大臣会見で「共通テストは予定通り実施する」と表明。その2日後の7日、政府は年末年始の新型コロナ感染拡大等を受け、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県に緊急事態宣言を発出した。コロナ禍の急拡大により、直前まで受験生や関係機関が対応に苦心する中、1月16日と17日に共通テスト第1日程を実施。北海道稚内市で豪雪のため16日の試験が中止される等もあったが、試験は無事に終了した。

 共通テスト第1日程終了後には、公民と理科2の得点調整が大学入試センターから換算表とともに公表され、受験生は自己採点の見直しを迫られた。得点調整は、共通1次試験時代から数えても4回目。複数教科での実施は初だった。

 国公立大学では、個別試験中止を公表する動きもあった。2月13日には、福島県沖を震源とする地震が発生。東北新幹線が一部区間で運転見合わせとなり、追試験や日程振替の措置を講じる大学が多く見られた。

 大学入試では50万人規模で人の動きがあるが、2021年入試は試験会場でのクラスター発生等は最後まで聞かなかった。旺文社教育情報センターは「受験生はもちろん、高校の先生、大学関係者などすべての入試関係者の尽力の賜物」と振り返っている。記録の最後は、「コロナ禍の収束は誰にもわからない。一方で、2022年入試はすでに始動している。昨春からの1年のさまざまな経験をもとに、2022年入試が混乱なく実施されることを心から願う」と結んでいる。

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集