熱中症&感染症予防に…そよ風を感じる子供日傘「そよパラ」

 傘・レイングッズメーカーの小川は2021年6月1日、傘生地にメッシュ生地を使用した子供用日傘「そよパラ」を発売した。価格は3,850円(税込)。小川直営オンラインショップ「LINE DROPS」にて取り扱っている。

生活・健康 小学生
そよ風を感じる日傘「そよパラ」
そよ風を感じる日傘「そよパラ」 全 6 枚 拡大写真
 傘・レイングッズメーカーの小川は2021年6月1日、傘生地にメッシュ生地を使用した子供用日傘「そよパラ」を発売した。価格は3,850円(税込)。小川直営オンラインショップ「LINE DROPS」にて取り扱っている。

 小川は、熱中症から子供を守りたいという想いから、2018年より子供用日傘の開発をスタートし、「kukka hippo Parasol(クッカヒッポパラソル)」等の子供用日傘を販売している。近年、夏の傘さし登下校を推奨する小学校も増え、2020年には熱中症対策と感染症対策に有効とされるソーシャルディスタンスが一度にできるアイテムとして注目を集めた。

 一般的に売られている日傘(晴雨兼用傘)は、UVカット・遮熱・遮光・防水・はっ水加工等、外側から守る機能に優れたものがほとんどであることから、小川は熱中症の危険度を判断する「WBGT(暑さ指数)」に注目し、使用する人が居る場所=傘の内側に「新しい快適空間」を作ることを目標に新商品を開発した。

 子供用日傘「そよパラ」は、8コマのうち4コマにメッシュの切り返しを施すことで通気性と視野の広さを確保。メッシュ部分には積水ナノコートテクノロジーの「遮熱クールアップ」生地を使用し、外から風を取り入れるとともに、ナノレベルの薄さで金属コーティングされたメッシュが太陽の光と熱を反射し熱を発散することで熱がこもりにくい構造となっている。

 メッシュ生地は、片側の一部のみ角度をつけて取り付けているため、太陽の向き、風向きによって使用する人が自由に調整が可能。風を取り入れたい、日を遮りたい等、手元を回転させるだけで自分自身で快適な空間を作ることができる。直射日光の眩しさも軽減し内側からは見やすく、外側からは見えにくい効果もあるため、プライバシー確保の点でも安心して使用できるという。

 日傘機能に特化しており、生地部分は遮光率99.99%以上、UV遮蔽率99.9%、遮熱指数35%以上を実現。子供が安全に使用できるよう、開閉は安全ろくろによる手開きで指をはさみにくい仕様とし、不意な振り回しが事故につながらないよう露先は出っ張りの少ないデザインを採用。軽さと耐久性を出すため、骨には軽量で丈夫なグラスファイバーを使用している。

 カラーは男女問わず使いやすいネイビー1色展開。サイズは55センチで、対象身長は約120センチ以上。小川直営オンラインショップ「LINE DROPS」より購入できる。

◆子供用日傘「そよパラ」
発売日:2021年6月1日(火)
サイズ:親骨の長さ55cm
素材:本体生地 ポリエステル100%(裏面ポリウレタンコーティング)、ネット部分 ポリエステル100%(ステンレスコーティング)
仕様:グラスファイバー骨手開き式
カラー:ネイビー
対象身長:約120センチ以上
価格:3,850円(税込)
原産国:中国
取扱先:小川直営オンライン

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集