KIKAI collegeジュニアドクター制度、受講生募集

 喜界島サンゴ礁科学研究所は、サンゴ礁とその地域での研究の種を発見する1年間のコース「KIKAI collegeジュニアドクター制度」を新たに開設した。小学5年生から中学3年生を対象に受講生を募集している。

教育・受験 小学生
KIKAI collegeジュニアドクター制度
KIKAI collegeジュニアドクター制度 全 2 枚 拡大写真
 喜界島サンゴ礁科学研究所は、サンゴ礁とその地域での研究の種を発見する1年間のコース「KIKAI collegeジュニアドクター制度」を新たに開設した。小学5年生から中学3年生を対象に受講生を募集している。

 科学技術振興機構(JST)が科学技術の発展を牽引する人材育成を支援する「ジュニアドクター育成塾」において、2021年5月に鹿児島県では初めて喜界島サンゴ礁科学研究所が選定された。

 「KIKAI collegeジュニアドクター制度」では、喜界島という類まれなるサンゴ礁の海のフィールドで、フィールドワークを行う他、地球環境をテーマにさまざまな分野の研究者のレクチャーを受ける。そして、1年間のプログラムを通じて、課題の発見、理解、研究計画の立案、学会における研究発表をゴールに、さまざまな課題を分野にとらわれずに複合的に解決する力を持つ人材の育成を目指す。

 喜界島サンゴ礁科学研究所所長山崎敦子氏は、「私たちは参加者の皆さんに全国の第一線のサンゴ礁研究者から、サンゴ礁研究の聖地と呼ばれるフィールドである喜界島で学び、地球環境課題をグローバルに牽引する人材になってくれることを期待しています」とコメントしている。

 対象は小学5年生から中学3年生まで。登録料は3万5,000円。1次募集の応募は7月7日まで。2次募集は7月8日から30日まで受け付ける。なお、サンゴ礁サイエンスキャンプに参加する場合は、1次募集期間中に応募すること。応募はWebサイトの申込フォームで受け付けている。詳細はWebサイトで確認できる。

◆KIKAI collegeジュニアドクター制度
対象:小学5年生~中学3年生
募集定員:一般選抜30名、奄美群島選抜10名、合計40名
登録料:3万5,000円
※フィールドワークの参加費は別途必要。奄美群島選抜には奨学金制度がある
参加要件:
・1か月に1回程度、所定の場所またはオンラインで行われる講義に参加できる
・自宅のパソコンまたはタブレット端末でのオンラインアクセスが可能である(カメラ付きでZoom等のビデオ会議システムが使用可能なネットワーク環境が整備されていることが必須。スマートフォンは不可)
・喜界島および奄美群島で実施される夏休みと春休みのフィールドワークのどちらかに参加できることが望ましい(参加できない場合にはオンラインでの代替プログラムを受講できる)
応募期間:
・1次募集/2021年6月16日(水)~7月7日(水)
・2次募集/2021年7月8日(木)~7月30日(金)
※サンゴ礁サイエンスキャンプに参加する場合は、1次募集期間中に応募すること
応募方法:Webサイトの申込フォームにて応募する

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集