緊急事態宣言拡大、学校へ対策徹底を要請…文科省

 新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針が変更されたことを受けて、文部科学省は2021年7月30日、小中学校や高校等の設置者に対し、留意事項を通知した。基本的対処方針等に基づき感染症対策を徹底するようあらためて求めている。

教育業界ニュース 文部科学省
画像はイメージ
画像はイメージ 全 1 枚 拡大写真
 新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針が変更されたことを受けて、文部科学省は2021年7月30日、小中学校や高校等の設置者に対し、留意事項を通知した。基本的対処方針等に基づき感染症対策を徹底するようあらためて求めている。

 政府は、緊急事態宣言の対象区域に埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府、まん延防止等重点措置の対象区域に北海道・石川県・京都府・兵庫県・福岡県を追加し、実施期間を8月2日から8月31日までとする。東京都と沖縄県を対象とする緊急事態宣言の実施期間は8月31日まで延長。埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府は、まん延防止等重点措置の対象区域から除外する。この決定にともない、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を変更した。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集