新数学資格試験9/21開始…オンライン受験可

 日本数学検定協会は、新資格「データサイエンス数学ストラテジスト」オンライン(IBT)形式の資格試験を2021年9月21日から開始する。データサイエンスの基盤となる数学スキルを認定する資格試験の特設サイトをオープンした。

教育イベント 大学生
新数学資格試験「データサイエンス数学ストラテジスト」
新数学資格試験「データサイエンス数学ストラテジスト」 全 6 枚 拡大写真
 日本数学検定協会は、新資格「データサイエンス数学ストラテジスト」オンライン(IBT)形式の資格試験を2021年9月21日から開始する。資格試験に先立ち、データサイエンスの基盤となる数学スキルを認定する資格試験の特設サイトをオープンした。

 算数・数学の実用的な技能を測る、実用数学技能検定「数検」(数学検定・算数検定、以下「数検」)を実施・運営している日本数学検定協会は、データサイエンスの基盤となる数学スキルとコンサルティング力を兼ね備えた専門家として認定する新資格「データサイエンス数学ストラテジスト」の資格試験の申込受付と開始日を9月21日から開始予定。特設サイトを9月3日にオープンした。

 「データサイエンス数学ストラテジスト」資格は、データサイエンスの基盤となる基礎的な数学(確率統計・線形代数・微積分)と実践的な数学(機械学習系・アルゴリズム系・ビジネス系数学)の2つを合わせて体系化したデータサイエンス数学に関する知識とそれを活用できるコンサルティング力を兼ね備えた一定の水準に達した専門家であると認定するもの。中級と上級の2つの階級がある。また資格試験は、5肢択一のIBT(Internet Based Testing)形式で行う。

 学習方法は、「e-ラーニング講座」と「公式問題集」の2種類がある。e-ラーニング講座はオンライン資格予備校「アガルートアカデミー」が運営している「データサイエンス数学ストラテジスト」の試験内容に準拠している。中級コースと上級コースがあり、それぞれ単元ごとに学習することが可能。

 公式問題集は、「データサイエンス数学ストラテジスト」の試験問題を解く力、考え方を身に付けるための公式問題集。それぞれ中級・上級相当の本試験2回分の問題を掲載している。

 オンライン受験なので好きな時に受験することが可能。申込み・受験・結果確認がすべてオンラインで完結。スマホやタブレットでも可能。各階級の認定基準点に到達したら、オープンバッジが発行される。

 試験はインターネット上で行われるが、受験の際には筆記用具、計算用紙、電卓または関数電卓、表計算ソフト等の用意が必要。試験内容や学習方法等、Web特設サイトで確認できる。

◆新数学資格試験「データサイエンス数学ストラテジスト」
受験方法:個人または、団体(企業や学校※日本数学検定協会に問合せが必要)
申込み方法:個人は、Webサイトから申し込む
<中級>
受験資格:なし
対象の目安:社会人、大学生、高校生
数学のレベル(目安):数検準2級程度(数学I・Aまで)
問題数(5肢択一問題):30問
試験時間:90分
合格基準:60%(18問)以上
受験料:7,000円
<上級>
受験資格:なし
対象の目安:社会人、大学生、高校生
数学のレベル(目安):数検2級・準1級および大学初学年程度まで
問題数(5肢択一問題):40問
試験時間:120分
合格基準:70%(28問)以上
受験料:9,000円

《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集