世相を表す「今年の漢字」11/1応募受付開始

 今年の世相を表す「漢字一字」、あなたの応募で決定!2021年「今年の漢字」、募集期間は、2021年11月1日から12月6日必着。抽選で100名に漢検オリジナル図書カードや京都旅行気分グッズセットをプレゼント。

教育・受験 その他
「今年の漢字」
「今年の漢字」 全 3 枚 拡大写真
 日本漢字能力検定協会は、今年1年の世相を「漢字一字」で表現し、清水寺で発表する「今年の漢字」を、2021年11月1日から12月6日までの期間、全国より募集する。抽選で100名に漢検オリジナル図書カードや京都旅行気分グッズセットをプレゼント。

 「今年の漢字」は、国民ひとりひとりが、1年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうと、1995年より毎年開催している。国民の最多応募数の漢字が「今年の漢字」になる。

 「今年の漢字」は、日本全国から応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に最多応募数の漢字を、京都・清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫(きごう)により発表されている。その後、1年間の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう願いを込めて奉納される。

 2020年は、個人応募ではインターネットでの応募数が2万4,408票と、対前年比で115%増加した。また、2020年から学校や企業における団体応募でも、ICT機器を利用したデータ応募を開始したところ、学校でのタブレット等を使った授業や、リモートワーク推進中の企業が社内コミュニケーションの一環として取り組んだことがわかった。

 個人応募のうち、特設応募サイトまたはハガキで応募した人には、抽選で100名に漢検オリジナル図書カードや京都旅行気分グッズセットをプレゼントする。さらに「2021年 今年の漢字」公式Twitterでは、「今年の漢字」について情報を発信していく。

◆2021年「今年の漢字」
募集内容:2021年の世相を表す漢字一字
※2021年を振り返り、起こった出来事や世相からイメージする漢字一字と、その理由を明記
応募方法:2021年の世相を表す漢字一字とその理由、その他必要事項を明記のうえ、下記のいずれかの方法で応募
※1回の応募につき、漢字は一字とする
※同一人物の複数応募可。但し、同一の漢字は1票のみ有効
<個人での応募>
インターネット:特設応募Webサイト、2021「今年の漢字」応募フォームから応募
※スマートフォン・タブレットからも簡単に応募できる
応募受付期間:2021年11月1日(月)9:00ころ~12月6日(月)23:59まで

はがき:【必要事項】2021年の世相を表す漢字一字とその理由、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号

「今年の漢字」応募箱:「今年の漢字」応募箱の設置に協力している書店・図書館、全国1,500か所以上(2020年実績)、所定の応募用紙で応募
※設置場所は、「今年の漢字」特設応募サイト内で確認(11月中旬に掲載予定)
※応募箱設置期間は12月3日(金)まで

<団体での応募>
(学校・塾等)団体用応募用紙をダウンロードし、団体応募要項に従って応募、団体内にてテキストデータで収集し、特設応募サイトのマニュアルに従い応募
(企業・施設等)企業や施設に応募箱を設置し、とりまとめて団体応募
応募受付期間:2021年11月1日(月)~12月6日(月)必着

企業・施設での応募箱の設置について:
協力する場合は、「今年の漢字」特設応募Webサイト上にある、「応募箱 請求フォーム」より申し込む。「今年の漢字」応募箱セットを無料で送る
※応募箱セット受付期間:2021年10月1日(金)~11月22日(月)
※応募箱セットの数は限りがあるので、希望の方は早めに申し込む

プレゼント :
<個人応募>
漢検オリジナル図書カード5,000円分+京都旅行気分グッズセット5,000円相当5名
漢検オリジナル図書カード5,000円分10名         
漢検オリジナル図書カード500円分25名          
漢検オリジナルグッズ60名    

<団体応募>
漢検オリジナルグッズ3,000名(プレゼントは当選団体の応募人数分を送る)     
※当選者、当選団体の発表は、2022年1月下旬の賞品の発送をもってかえる

「今年の漢字」結果発表:
発表日2021年12月13日(月)
発表場所京都・清水寺
※詳細は後日知らせる

2021年のおもな出来事:
1月、ジョー・バイデン氏が第46代アメリカ大統領に就任/1回目の大学入学共通テスト実施
2月、国内での新型コロナウイルスワクチン接種始まる/大坂なおみ選手が2度目の全豪オープン優勝/ミャンマーで国軍がクーデターを起こす
3月、東日本大震災から10年/スエズ運河でコンテナ船が座礁/東京五輪 聖火リレーがスタート/選抜高校野球大会が2年ぶりの開催
4月、福島第一原発の処理水、海洋放出を決定/まん延防止等重点措置が初めて適用/マスターズゴルフ、松山英樹選手がメジャー制覇/菅首相、米大統領と初の首脳会談
5月、改正地球温暖化対策推進法が参院で可決成立/星野源さんと新垣結衣さんが結婚
6月、森友学園公文書改ざん経緯「赤木ファイル」を国が提出/ゴルフ、笹生優花選手が全米女子オープン優勝/陸上、山縣亮太選手100m9秒95の日本新記録
7月、東京五輪開幕、一部無観客での開催/熱海で大規模な土石流が発生/大谷翔平選手が大リーグオールスターゲームで初の「二刀流」出場/奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島が世界自然遺産に登録
8月、東京パラリンピック開幕/タリバンがアフガニスタンを制圧
9月、菅首相が辞任表明/デジタル庁発足/将棋、藤井聡太二冠、史上最年少で三冠に/岸田文雄氏が自民党新総裁に選出
10月、衆議院議員総選挙が公示予定
12月12日は「漢字の日」
日本漢字能力検定協会は、漢字の普及・啓発活動の一環として、日本国民に奥深い漢字の意義と日本文化を伝承する目的で、12月12日を「漢字の日」と制定した。

12月12日は「漢字の日」:
12月12日は「いい字(じ)、一(いち)字(じ)」。日本人ひとりひとりが毎年、「いい字」を少なくとも「一字」覚えてほしいという願いを込めている

過去の「今年の漢字」と選定理由:
1.1995年「震」阪神・淡路大震災や、オウム真理教事件、金融機関の崩壊などに「震えた」年
2.1996年「食」O157食中毒事件や狂牛病の発生、税金と福祉を「食いもの」にした汚職事件の多発
3.1997年「倒」金融機関など経営破たんの続出。サッカー日本代表が並み居る強豪を倒してFIFAワールドカップ初出場決定
4.1998年「毒」和歌山のカレー毒物混入事件や猛毒ダイオキシン、環境ホルモンなどが社会問題に
5.1999年「末」世紀末。東海村の臨界事故や警察の不祥事など信じられない事件が続発して、「世も末」と実感
6.2000年「金」シドニーオリンピックでの日本人選手の金メダル獲得や、南北朝鮮統一の実現に向けた“金・金”首脳会談など
7.2001年「戦」米国同時多発テロ事件で世界情勢が一変し、対テロ戦争、炭疽(たんそ)菌との戦い、世界的な不況との戦いなど
8.2002年「帰」日本経済がバブル前の水準に「帰り」、昔の歌がリバイバルされ大ヒット。北朝鮮に拉致された5人が24年ぶりに帰国
9.2003年「虎」阪神タイガース18年ぶりのリーグ優勝、「虎の尾を踏む」ようなイラク派遣問題など
10.2004年「災」台風や地震などの記録的な天災や、イラクでの人質殺害や子どもの殺人事件など、人災が多発
11.2005年「愛」紀宮様のご成婚、「愛・地球博」の開催、各界で「アイちゃん」の愛称の女性が大活躍
12.2006年「命」悠仁様のご誕生に日本中が祝福ムードに包まれた一方、いじめによる子どもの自殺など、痛ましい事件が多発
13.2007年「偽」身近な食品から政界、スポーツ選手にまで次々と「偽」が発覚して、何を信じたら良いのか、わからなくなった
14.2008年「変」日米の政界に起こった変化や世界的な金融情勢の変動、食の安全性に対する意識の変化など様々な変化を感じた年
15.2009年「新」政権が交代し新内閣が発足、アメリカでも新大統領が就任、裁判員制度やエコポイント制度などの新しい制度も始まった
16.2010年「暑」猛暑日の連続で熱中症にかかる人が続出、地球温暖化の警鐘を感じた。
17.2011年「絆」東日本大震災など大規模災害の体験から、身近な人との絆の大切さを再確認した年
18.2012年「金」金環日食など天文現象の当たり年、ロンドンオリンピックで日本史上最多のメダル獲得など数多くの金字塔が打ち立てられた年
19.2013年「輪」2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催、富士山の世界文化遺産登録など、日本中が輪になって歓喜に沸いた年
20.2014年「税」消費税率が17年ぶりに引き上げられ、「税」について考えさせられた年
21.2015年「安」戦後70年の節目の年に安全保障関連法案の採決を巡り、国論が二分した
22.2016年「金」リオオリンピックの日本人選手の「金メダルラッシュ」と4年後の東京オリンピックへの期待が高まった年
23.2017年「北」「北」朝鮮ミサイルの「北」海道沖落下や九州「北」部豪雨などの災害から、平和と安全の尊さを実感した年
24.2018年「災」北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨など、日本各地で起きた大規模自然「災」害により、多くの人が被「災」した年
25.2019年「令」新元号「令」和に新たな時代の希望を感じた一年。法「令」改正、法「令」順守、警報発「令」としても使われた年
26.2020年「密」新型コロナウイルス感染症が日本を含め世界的に流行。日々の活動が制約され、「密」という漢字一字を意識し続けた年

《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集