【大学入学共通テスト2022】(1日目1/15)河合塾が分析スタート、地理歴史・公民から

 河合塾は、2022年1月15日午前9時30分より試験が行われた大学入学共通テスト(旧センター試験)の地理歴史・公民の問題分析と講評の掲載を開始した。科目別に、「2022年度フレーム(大問構成)」として、分野、配点、マーク数を公開している。

教育・受験 高校生
【大学入学共通テスト2022】(1日目1/15)河合塾が分析スタート、地理歴史・公民から
【大学入学共通テスト2022】(1日目1/15)河合塾が分析スタート、地理歴史・公民から 全 1 枚 拡大写真
 2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)1日目が1月15日に行われている。1日目には、地理歴史(世界史A/世界史B/日本史A/日本史B/地理A/地理B)、公民(現代社会/倫理/政治・経済/倫理、政治・経済)、国語、外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語:筆記/英語:リスニング)の試験が実施される。

 河合塾は、午前9時30分より試験が行われた地理歴史・公民の問題分析と講評の掲載を開始した。科目別に、「2022年度フレーム(大問構成)」として、分野、配点、マーク数を公開している。

 午後0時40分時点で公開されているのは「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」で、他の科目についても順次公開される。さらに例年では午後5時より詳細な分析コメントが掲載される。同ページ上では予想平均点も公開される予定。

 河合塾のほか、東進、データネット(ベネッセ・駿台)、代々木ゼミナールなども問題分析を行っている。

大学入学共通テスト2022 特集
大学受験 特集

《編集部》

この記事の写真

/

特集