5~11歳への新型コロナワクチンに関する提言…日本小児科学会

 2022年1月19日、日本小児科学会の予防接種・感染症対策委員会は、5~11歳の子供への新型コロナワクチン接種は意義があるとの考えを表明。また、基礎疾患のある子供については、ワクチン接種が重症化を防ぐのに役立つとの見解を示した。

生活・健康 小学生
5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方
5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方 全 1 枚 拡大写真

 2022年1月19日、日本小児科学会の予防接種・感染症対策委員会は、5~11歳の子供への新型コロナワクチン接種は意義があるとの考えを表明。また、基礎疾患のある子供については、ワクチン接種が重症化を防ぐのに役立つとの見解を示した。
 
 提言に際し日本小児科学会は、まず新型コロナウイルス感染症の国内での感染状況について言及。現在5~11歳の症例の大多数が軽症であるものの、今後ますます感染者が増加した場合には、子供の中等症や重症例が増える恐れがあると予測した。また、2歳未満の乳児や基礎疾患のある子供では、重症化リスクが増大するとの報告も記している。
 
 これらの予測を受け日本小児科学会は、子供を新型コロナウイルス感染症から守るためには、周囲の大人たちがワクチンを接種することが大切との意見を明らかにした。また、5~11歳の健康な子供へのワクチン接種は、12歳以上の健康な子供へのワクチン接種と同程度の意義があると提言。感染予防等のメリットと副反応等のデメリットを、子供本人と療育者が理解し、きめ細やかに対応することが必要だと述べた。
 
 一方、基礎疾患のある子供に対しては、ワクチン接種による重症化予防を期待するとしている。子供本人の健康状況を熟知する主治医と療育者の相談のうえ、決断するのが望ましいとの考えを発表した。

《竹間たまみ》

この記事の写真

/

特集