レゴWeDo2.0に家庭版登場、5歳から学べるロボット&プログラミング

教育ICT 小学生

「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」セット内容
「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」セット内容 全 2 枚 拡大写真
 LEGO education(レゴエデュケーション)正規代理店のアフレルは、レゴブロックでロボットを作り思い通りに動かすことのできるプログラミングの家庭学習教材「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」を6月15日に発売した。5歳から楽しく学べる初めてのプログラミング学習に最適な教材だ。

 昨今、プログラミング教育は小・中学校での必修化が提言されるなど急速にニーズが高まっており、各地でワークショップやスクールが開かれるなど大きな広がりを見せている。

 「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」は、そうしたプログラミング教育にいち早く家庭で取り組むことができる製品。多くの子どもが小さな頃から慣れ親しんでいるレゴブロックと、自由にプログラミングできるデジタル技術が融合したグローバルスタンダード教材で、MIT(米国マサチューセッツ工科大学)の協力を受け、世界各国で100人以上の教育関係者への聞き取り調査や試作品テストを行い、そのアドバイスをもとに開発されているという。

 製品キットには、LEGO Educationの「レゴ WeDo2.0」のほか、家庭で簡単に学習をスタートするためのワークブックやサポートブックなどのテキストが含まれている。プログラミング操作もドラック&ドロップするだけの直感的な設計となっているため、初心者でも楽しく取り組むことができる。

 対象は5歳から9歳程度。今回、発売記念特典として、7月25日までに購入した方の中から先着30組をアフレルが主催する「夏休み親子ワークショップ」へ無料招待するほか、期間中の購入者全員にA5サイズのオリジナルリングノートをプレゼントする。

 これまで「レゴ WeDo2.0」は学校などの教育現場限定での展開だったが、今回の「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」の開発により、一般家庭へのロボットを利用したプログラミング教育展開が可能になった。価格は1セット29,700円(税込)。

◆レゴ WeDo2.0 for home by アフレル
発売日:6月15日(水)
対象:5歳~9歳程度
価格:29,700円(税込)
セット内容:レゴ WeDo2.0 基本セット×1/レゴ WeDo2.0 for home アフレルテキストセット×1(レゴ WeDo 2.0 for home by アフレル ワーク1~4号、レゴ WeDo 2.0 for home by アフレル サポートブック、リングファイル、できたシート、できたシール、表彰状)

《畑山望》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集