5人に1人が園・学校外で英語学習、月平均6,242円

教育・受験 小学生

幼稚園・保育園、小学校以外での英語学習状況
幼稚園・保育園、小学校以外での英語学習状況 全 3 枚 拡大写真
 約5人に1人が幼稚園・保育園、小学校以外で英語を学んでおり、英語学習にかける月額費用の平均は6,242円にのぼることが、バンダイが3月7日に発表した調査結果より明らかになった。

 お子さまの英語学習に関する意識調査は、3~6歳の未就学児と小学1~6年生の子どもを持つ親で、子どもと一緒に回答できる人700名を対象に実施。調査期間は2月3日~2月5日。

 幼稚園・保育園、小学校以外で英語を学んでいる子どもは20.9%と約5人に1人。英語学習にかける月額費用の平均は6.242円にのぼる。

 英語を学ぶ方法は、1位「英会話教室(対面)」47.3%、2位「学習塾」27.4%、3位「テレビやラジオの英語番組(アニメを除く)」「英語のアニメ・映画の視聴」それぞれ8.2%、4位「書店以外で購入した英語教材セット」「通信教育」それぞれ6.8%であった。

 英語を学び始めた時期は、「小学1年生」が18.7%ともっとも多く、「小学5年生」13.9%、「3歳」11.5%などが続いた。小学1年生と3歳については、幼稚園や小学校に入園・入学したタイミング、小学5年生は小学校での英語の授業が開始したタイミングであることから、それに合わせて英語学習を開始する家庭が多いようだ。

 英語を学ぶ理由について、男子は1位「親にすすめられたから・親の意向」、2位「これからの時代、英語が必要になると思うから」、3位「小学校で英語の授業が始まったから」。一方、女子は1位「英語がしゃべれたら楽しそうだから」、2位「親にすすめられたから・親の意向」、3位「英語が話せたらかっこいいから」と、男女で「英語」に対する考え方に違いがみられた。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集