【読プレ】おおたとしまさ著『習い事狂騒曲:正解のない時代の「習活」の心得』<応募締切3/31>

教育・受験 未就学児

『習い事狂騒曲:正解のない時代の「習活」の心得』
『習い事狂騒曲:正解のない時代の「習活」の心得』 全 2 枚 拡大写真
 今の子どもを取り巻く「学力観」は、親世代のそれとは変わってきている。心身ともに子どもが成長するために必要なことは何かを問う『習い事狂騒曲:正解のない時代の「習活」の心得』が、発売された。

 近年、子どもたちには知識量や処理能力だけでなく、発想力、思考力、表現力など、幅広い能力が求められるようになった。また、東大生の約半数がピアノ経験者という事実にも注目が集まっており、もはや、学校や塾だけでは足りない時代ともいえる。

 親の習い事にかける期待が膨らむ風潮の中、本書では、「習い事は何のためにするのか」「どうやって選べばいいのか」を示唆。いまどきの習い事や、子どもに合った習い事を選ぶために知っておいたほうがよいことにも触れ、さまざまな体験談をもとに、習い事をとりまく光と闇を描き、心身ともに子どもが成長するために必要なことは何かを問うている。

 著者はおおたとしまさ氏。育児・教育ジャーナリストとして活躍中の氏が、親世代にはなかった習い事の最新情報を紹介する。「東大生がやっていた習い事」「親のころとは違う!習い事の最新事情」「習い事の選び方、教室の探し方、やめどきQ&A」「「受験」エリートより過酷な「習い事」エリート」「習い事で、得るもの、失うもの」の全5章。

◆習い事狂騒曲:正解のない時代の「習活」の心得
著者:おおたとしまさ
出版社:ポプラ社
価格:800円(税別)
仕様:新書判/252ページ
--
 リセマムでは、おおたとしまさ著『習い事狂騒曲:正解のない時代の「習活」の心得』を抽選のうえ3名さまにプレゼント。「リセマム BASIC MEMBERS」にログイン後、本記事記載の応募方法詳細をご覧いただき、アンケートに必要項目をご記入のうえ2017年3月31日(金)までにご応募ください。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

 「リセマム BASIC MEMBERS」(無料)にご登録いただくと、教育・子育て最新情報が満載のメールマガジン「ReseMom トピックス」や会員限定コンテンツなどをご利用いただけます。

◆メールマガジン「ReseMom トピックス」
 教育情報サイト「リセマム」のニュースを中心に、火曜日より土曜日まで毎朝8時(予定)に注目の話題をお届けします。受験、教育イベント、教育ICT、生活情報を中心に、おもに高校生までのお子さまに役立つ情報を発信してまいります。会員限定プレゼントもご用意しますので、ご期待ください。

《編集部》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集