エルモ社、可動式書画カメラ「MA-1」8月末発売

 エルモ社は2019年8月末、デジタル教材を活用する授業プランにも対応できる、ワイヤレス可動式書画カメラ「MA-1」を発売する。本体価格は6万4,000円(税別)。デジタル教材やデジタルコンテンツの提示が可能。

教育ICT 先生
可動式書画カメラ「MA-1」ワイヤレスでモニターに接続
可動式書画カメラ「MA-1」ワイヤレスでモニターに接続 全 4 枚 拡大写真
 エルモ社は2019年8月末、デジタル教材を活用する授業プランにも対応できる、ワイヤレス可動式書画カメラ「MA-1」を発売する。本体価格は6万4,000円(税別)。紙や実物などのアナログ資料だけでなく、デジタル教材やデジタルコンテンツの提示が可能。

 近年、教育現場のICT環境整備が加速している。書画カメラ(実物投影機)は、手元の資料を簡単に大型提示装置に映せるツールとして普及が進んできた。

 エルモ社は、バッテリーを内蔵し、プロジェクターやモニターへのケーブル接続が不要なワイヤレス可動式書画カメラ「MA-1」を発売する。紙や実物といったアナログの資料を大きく映せる書画カメラの簡便さを残しながら、同じ1台でデジタル教材やデジタルコンテンツの提示、インターネットの活用もできる。

 1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術「Miracast(ミラキャスト)機能」と内蔵バッテリーの搭載により、Miracast対応モニターであれば、ケーブル接続が不要となる。児童生徒の席やグループに持ち運んで使うことも可能。また、本体側面に滑り止めラバーを採用しており、耐衝撃性を強化していることから、課外活動にも活用できる。

 そのほか、傾き補正機能やタッチパネル式ディスプレイを搭載。電子黒板「ELMO xSync Board」と接続すれば、カメラ映像を大きな画面に映して共有することもできる。

《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集