ふたご座流星群12/13-14、ウェザーニュースが生中継

 三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」が、2020年12月13日夜から14日の明け方にかけて見頃となる。ウェザーニュースLiVEでは特別番組を実施し、国内4か所から空のようすを生中継する。

趣味・娯楽 その他
ふたご座流星群(12月13日夜~14日明け方)の観測チャンス
ふたご座流星群(12月13日夜~14日明け方)の観測チャンス 全 3 枚 拡大写真
 三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」が、2020年12月13日夜から14日の明け方にかけて見頃となる。ウェザーニュースLiVEでは特別番組を実施し、国内4か所から空のようすを生中継する。

 「ふたご座流星群」は、毎年多くの流星が出現し、一晩中楽しめるのが特長。ウェザーニューズによると、2020年は15日が新月のため月明かりの影響がなく、流星観測には好条件。空の暗い場所で観測すれば、最大で1時間あたり55個前後もの流星が見られると予想されている。流れ星は空のあちらこちらに飛ぶので、放射点にとらわれず広く空を見渡すのがお勧めだ。

 12月10日時点の予報では、13日は低気圧が日本海を進み、西から次第に西高東低の冬型の気圧配置となる予想。九州から北陸の日本海側と北日本では雲が広がりやすく、雪や雨が降るところもあるため、流星観測は難しい見込みとなっている。太平洋側は、すっきりと晴れるところは少ないものの、雲の隙間から流星観測のチャンスがあると予想される。夜は冷え込むところが多くなるため、観測には万全の防寒が欠かせないという。

 24時間生放送の気象情報番組「ウェザーニュースLiVE」では、13日夜にふたご座流星群の特別番組を実施予定。番組では、国内4か所から空のようすを生中継し、各地で見られる流星群のようすを配信する。番組は、ウェザーニュースのWebサイトのほか、YouTube Live、ニコニコ生放送、LINE LIVE、TikTok LIVEなど各種動画サイトでも視聴できる。流星観測にはあいにくの条件となった地域の人や、暖かい室内で流星を見たいという人たちも楽しめる。

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集