中央大「AI・データサイエンス全学プログラム」2021年4月開始

 中央大学は2021年4月より、文理を問わず全学部生を対象とした教育プログラム「AI・データサイエンス全学プログラム」を開始すると発表した。AI・データサイエンス分野をリテラシーレベルから応用基礎レベルまで系統的に学修する環境を提供する。

教育・受験 高校生
AI・データサイエンス全学プログラムのイメージ図
AI・データサイエンス全学プログラムのイメージ図 全 2 枚 拡大写真
 中央大学は2021年4月より、文理を問わず全学部生を対象とした教育プログラム「AI・データサイエンス全学プログラム」を開始すると発表した。AI・データサイエンス分野をリテラシーレベルから応用基礎レベルまで系統的に学修する環境を提供する。

 中央大学は設置する文系・理系8学部において、情報や統計関連などの科目としてデータサイエンス分野の講義を実施してきた。2020年4月には、AI・データサイエンスセンターを設立し、政策動向や社会的なニーズを踏まえつつ、人文・社会科学に関係する多くの学部や組織を有する大学の特長を生かしたプログラムの検討をすすめ、全学部学生を対象とする「AI・データサイエンス全学プログラム」の実施を決定した。

 「AI・データサイエンス全学プログラム」では、2021年度入学定員6,281名を含む全学生約2万5,000名を対象に、AI・データサイエンスのリテラシー科目「AI・データサイエンスと現代社会」と「AI・データサイエンス総合」を提供する。

 「AI・データサイエンスと現代社会」は、数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムが定める数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラムに準拠したカリキュラム。2021年度春学期よりオンデマンド科目として実施する。「AI・データサイエンス総合」は、学修動機づけを提供する実務家による事例紹介を中心とした講義。2021年度秋学期よりオンラインと対面授業のハイブリッド型講義として開講し、実践例を学び、さまざまな視点から議論を行うことで、データサイエンスの適用方法や有効性、課題を学修する。

 また、希望する学生に向け、プログラム言語などのスキル取得を目指す「ツール科目」や、2~4年次の学部・学年の枠を超えた実践的グループ活動に3年間参加して学ぶ「AI・データサイエンス演習」を用意し、リテラシーレベルに続く応用基礎レベルまで系統的に学修する体系を構築する。中央大学は、今回のプログラムを通じてSociety5.0の未来社会において新たな価値を見出す人材を育成し、これからの高等教育機関としての役割を果たすとしている。

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集