年末年始に大雪の恐れ…NEXCO東日本が注意と準備呼びかけ

NEXCO東日本(東日本高速道路)では、12月30日頃から1月4日頃にかけての天気が強い冬型の気圧配置となる見込みで、北日本から東日本の日本海側を中心に平地も含めて大雪や猛吹雪となる恐れがあることから、高速道路の利用者に注意を呼びかけている。

生活・健康 その他
(イメージ)
(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
NEXCO東日本(東日本高速道路)では、12月30日頃から1月4日頃にかけての天気が強い冬型の気圧配置となる見込みで、北日本から東日本の日本海側を中心に平地も含めて大雪や猛吹雪となる恐れがあることから、高速道路の利用者に注意を呼びかけている。

大雪となった場合にNEXCO東日本では、北日本から東日本の日本海側の高速道路を中心に、チェーン規制や通行止めを行なう可能性がある。

高速道路上では自力走行不能車両が1台でも発生すると、長時間の渋滞や通行止めにつながる恐れがある。NEXCO東日本では、高速道路を利用するときは必ず冬用タイヤを装着し、タイヤチェーンを携行するとともに、最新の気象予報・道路情報を確認するよう、呼びかけている。

年末年始に大雪の恐れ---NEXCO東日本が注意と準備を呼びかけ

《高木啓@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集