イード・アワード2021「子どもPC」満足度No.1、結果発表について

 イードが運営する教育情報サイト「リセマム」は、小学生・中学生の保護者を対象にパソコンに関する顧客満足度調査を実施し、イード・アワード2021「子どもPC」を下記のとおり発表した。

教育ICT 小学生
イード・アワード2021「子どもPC」満足度No.1、結果発表について
イード・アワード2021「子どもPC」満足度No.1、結果発表について 全 1 枚 拡大写真
 イードが運営する教育情報サイト「リセマム」は、小学生・中学生の保護者を対象にパソコンに関する顧客満足度調査を実施し、イード・アワード2021「子どもPC」を下記のとおり発表した。

 調査は、2021年1月12日(火)から1月27日(水)までの期間、WindowsのノートPC/2in1またはタブレットを利用している小学生または中学生のお子さまの保護者を対象にインターネットで実施し、小学生の保護者887票、中学生の保護者800票、合計1,687票の有効回答を得た。

 満足度について「総合満足度」のほか、「耐久性」「携帯性」「サポート」「画面の見やすさ」「カメラの使いやすさ」「音声品質」「デザイン」「コストパフォーマンス」「ブランド信頼性」、さらにノートPC/2in1については「キーボードの使いやすさ」の各部門について、5段階で評価していただいた。

 結果は以下のとおり。

総合


最優秀賞


XPSシリーズ(DELL)

部門賞


耐久性に優れたPC Let's noteシリーズ(パナソニック)
携帯性がよいPC Surfaceシリーズ(日本マイクロソフト)
サポートがよいPC  Let's noteシリーズ(パナソニック)
画面が見やすいPC Pavilionシリーズ(HP)
カメラが使いやすいPC Surfaceリーズ(日本マイクロソフト)
音声品質がよいPC Pavilionシリーズ(HP)
デザインがよいPC Pavilionシリーズ(HP)
コスパがよいPC Pavilionシリーズ(HP)
ブランド信頼性の高いPC Pavilionシリーズ(HP)
キーボードが使いやすいPC XPSシリーズ(DELL)

学習用 Windows PC


最優秀賞


XPSシリーズ(DELL)

小学生 Windows PC


最優秀賞


dynabookシリーズ(Dynabook)

中学生 Windows PC


最優秀賞


FMV LIFEBOOKシリーズ(富士通)

 満足度と同時に調査した結果によると、パソコン・タブレットの利用用途は小学生では「調べ学習(学校の課題)」(48.0%)、「動画の閲覧(学習用以外:映画・アニメなど)」(44.7%)、「動画の閲覧(学習用以外:映画・アニメ以外の娯楽)」(35.7%)が多く、中学生では「調べ学習(学校の課題)」(64.2%)、「学校以外の自分の興味・関心ごとを調べる」(45.6%)、「動画の閲覧(学習用)」(37.6%)。注目が高まる「プログラミングの学習」は小学生15.8%、中学生8.3%、「英語の学習」は小学生17.3%、中学生18.4%となった。

《編集部》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集