【大学受験2021】文科省、地震による被災地域の受験生に配慮を依頼

 2021年2月13日に福島県沖を震源とする地震が発生した。文部科学省は、地震により交通機関が復旧していない地域もあり、受験生の移動に支障が生じることが懸念されることから、国公私立大学の入試担当者に被災地域の受験生に対する配慮を依頼した。

教育・受験 高校生
文部科学省
文部科学省 全 2 枚 拡大写真
 2021年2月13日に福島県沖を震源とする地震が発生した。文部科学省は、地震により交通機関が復旧していない地域もあり、受験生の移動に支障が生じることが懸念されることから、国公私立大学の入試担当者に被災地域の受験生に対する配慮を依頼した。

 新型コロナウイルス感染症への対応として、個別入試において追試験や別日程への受験の振替などを多くの大学で設定しているが、今回の地震による被災地域の受験生の受験機会を確保するため、追試験や振替受験を活用するなど、配慮可能な措置を改めて検討するよう各大学に求めている。

 また、措置を決定した場合は、各大学のWebサイトなどで迅速に公表し、広く情報提供を行うこと、受験生などからの問合せにも適切に対応してほしいとしている。

 さらに、直接には被災していなくても、今回の地震による影響を受けた受験生について、個別の状況に応じて適切に対応するよう求めている。

 今回の地震の影響で2月16日午前9時半現在、東北新幹線は那須塩原~一ノ関間で運転を見合わせている。JR東日本によると、東北新幹線の全線運転再開までにはおおむね10日前後を要する見込みだという。最新の運行情報はJR東日本のWebサイトで確認できる。また、Webサイトでは目的地までの迂回経路も掲載している。

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集