「読解力育成ドリル」開発、navimaに搭載…凸版印刷

 凸版印刷は2021年3月15日、子どもたちの読解力向上を支援するため、「文を正確に読む力」を身に付ける「navima読解力育成ドリル」を開発したと発表した。2021年4月より提供を開始する、小中学校向けのICT学習サービス「navima(ナビマ)」に搭載する。

教育業界ニュース 教育ICT
「navima読解力育成ドリル」の問題のイメージ (c) Toppan Printing Co., Ltd.
「navima読解力育成ドリル」の問題のイメージ (c) Toppan Printing Co., Ltd. 全 1 枚 拡大写真
 凸版印刷は2021年3月15日、子どもたちの読解力向上を支援するため、「文を正確に読む力」を身に付ける「navima読解力育成ドリル」を開発したと発表した。2021年4月より提供を開始する、小中学校向けのICT学習サービス「navima(ナビマ)」に搭載する。

 凸版印刷は、「navima読解力育成ドリル」の開発に先立ち、子どもたちの読解における課題を顕在化し、よりよい学習体験を提供するため、全国の小中学生約1,500人を対象に読解力を測る独自の調査を2020年8月1日から9月4日に実施。その結果、文を正確に読めていない子どもがおり、その要因として「基礎的な文構造の理解不足」「知識や経験から文の内容を誤って思い込む」などがあることがわかった。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集