ロボットトイtoio、プログラミングサービス開始

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2021年3月17日、子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」において、ビジュアルプログラミングアプリを中心とした新サービス「toio Do(トイオ・ドゥ)」を提供開始した。

教育ICT 小学生
「toio Do」楽しみ方
「toio Do」楽しみ方 全 3 枚 拡大写真
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2021年3月17日、子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」において、ビジュアルプログラミングアプリを中心とした新サービス「toio Do(トイオ・ドゥ)」を提供開始した。

 「toio Do」は、toioの新しいビジュアルプログラミングを使ったサービス&アプリ。ミニゲームであそんだり、サンプルプログラムをいじったりしているうちに、いつのまにかプログラミングを身に付けることができる。

 「toio Do」は、「toio」のセンサーを活用した「座標」や「絶対位置」の機能が、従来より簡単に扱えるようになり、算数や数学などと組み合わせた教材としても利用できる。

 また、「あそぶ」と「つくる」の2つのサンプルプログラム集が含まれている。アプリであそぶには、「toio」のキューブが必要。トイオ・コレクションなど「toio」専用のマットや手持ちのおもちゃと組み合わせることで、もっと楽しめる。また、サンプルプログラムには、理科や図工、英語、音楽など、さまざまな教科とも組み合わせて活用できるヒントが多く含まれている。

 「toio Do」の提供開始にあわせて、「toio」ユーザー(親子)、エンジニア、デザイナー、クリエイターなどが集い、作った作品の情報交換やプログラミングに関する相談などができる無料のオンラインコミュニティスペースが開設された。「toio」のユーザーやファンであれば誰でも参加できる。

 サービス開始を記念して、「ProtoPedia」にてプログラミングコンテスト「『toio』の『Do!コン』」が開催される。誰もがマネしたくなる楽しいミニゲームや道具・アート作品のプログラムを4月12日まで募集している。詳しくは、Webサイトで確認できる。

《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集