【大学受験2022】青学、日本初「ヒューマンライツ学科」設置へ

 青山学院大学は2022年4月、法学部に日本初の「ヒューマンライツ学科」を設置する予定(設置届出中)。「法学科」との2学科体制で、より専門性の高い教育を目指すとしている。

教育・受験 高校生
ヒューマンライツ学科
ヒューマンライツ学科 全 2 枚 拡大写真
 青山学院大学は2022年4月、法学部に日本初の「ヒューマンライツ学科」を設置する予定(設置届出中)。「法学科」との2学科体制で、より専門性の高い教育を目指すとしている。

 青山学院大学法学部では、リーガルマインドおよび隣接社会科学分野の知見をふまえ、人権問題に対する分析力や問題解決能力をもつ人材を育成するため、新たに「ヒューマンライツ学科」を設置する。

 2022年4月設置予定の「ヒューマンライツ学科」では、社会問題の中でも特に人権問題について、鋭敏な人権意識、問題を冷静に考え分析できる思考力と分析力、問題の解決・改善に向けて説得的に論じる表現力を身に付ける。1年次は、ドキュメンタリー映像や当事者の講話等を通して「ヒューマンライツの現場」を学ぶ他、隣接分野を学際的に学ぶことも重視し、「政治学入門」「経済分析入門」「公共政策入門」を選択必修としている。2年次以降は、「貧困と人権」「ジェンダーと人権」「性的マイノリティと人権」「ビジネスと人権」等多彩なテーマ別の科目、世界や日本の人権問題について英語で学べる科目等を開講する。

 社会で接する人権問題について、それがどのような人権に関わる問題であるか認識でき、その問題と法との関わりについて考察および分析し、法を用いて論理的で説得力のある見解を示すことのできる人材育成を目指す。想定される進路は、弁護士や司法書士等の法律専門職、民間企業の法務や人事、公務員等。

 青山学院大学法学部ヒューマンライツ学科は、2022年4月設置予定。入学定員は120名で、既存の法学科の定員は380名に変更になる予定。なお、現在設置届出中のため、学科名や教育内容、定員数等は予定で、変更になる場合がある。

《森井ゆか》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集