【夏休み2021】かはく、読書感想文や自宅学習にお勧め図書6作品を紹介

 国立科学博物館は、小学生・中学生・高校生に勧めたい、国立科学博物館研究員が執筆した図書6作品を紹介している。夏休みの読書感想文や自宅学習、おうち時間の読書にお勧めだという。研究員から読者に向けたメッセージも公開されている。

教育・受験 小学生
国立科学博物館は、小学生・中学生・高校生に勧めたい図書6作品を紹介
国立科学博物館は、小学生・中学生・高校生に勧めたい図書6作品を紹介 全 13 枚 拡大写真
 国立科学博物館は、小学生・中学生・高校生に勧めたい、国立科学博物館研究員が執筆した図書6作品を紹介している。夏休みの読書感想文や自宅学習、おうち時間の読書にお勧めだという。研究員から読者に向けたメッセージも公開されている。

 紹介されているのは、動物研究部 田島木綿子氏の「海獣学者、クジラを解剖する。」、動物研究部 井出竜也氏の「昆虫学者の目のツケドコロ」、動物研究部 川田伸一郎氏の「アラン・オーストンの標本ラベル」「標本バカ」、地学研究部 木村由莉氏の「もがいて、もがいて、古生物学者!!」、副館長 真鍋真氏の「深読み!絵本『せいめいのれきし』」の6作品。

 研究者になるまでの道のりや研究者の活動現場のようす、取り組んでいる研究内容の紹介等、これまで伝える機会があまりなかった「かはく研究者の裏話」がつづられている。今年の夏は、読めば読むほど「科博に行くのがもっと楽しみになる!」「もっと学びたくなる!」「研究者になった気分になる!」自然科学の知識満載の図書を自宅で堪能してほしいという。

 今回の企画オリジナルの「著者からのメッセージ」も公開されており、本選びの参考に活用できる。「著者からのメッセージ」はWebサイトからダウンロードできる。

◆“かはく”お勧めの本6作品
【海獣学者、クジラを解剖する。】
著者:田島 木綿子
出版社:山と溪谷社

【昆虫学者の目のツケドコロ】
著者名:井手 竜也
出版社:ベレ出版

【アラン・オーストンの標本ラベル】
著者名:川田 伸一郎
出版社:ブックマン社

【標本バカ】
著者名:川田 伸一郎
出版社:ブックマン社

【もがいて、もがいて、古生物学者!!】
著者名:木村 由莉
出版社:ブックマン社

【深読み!絵本『せいめいのれきし』】
著者名:真鍋 真
出版社:岩波書店

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集