古川宇宙飛行士とトーク「ISSリアルタイム交信」12/15

 JAXAは2023年12月15日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中のJAXA古川聡宇宙飛行士と地上スタジオを結んで交信するイベント「【ISSリアルタイム交信】スペースJAPAN特別企画『超小型衛星ミッションに挑む!古川宇宙飛行士×学生トークセッション』」をYouTubeにて配信する。

教育イベント 大学生
【ISSリアルタイム交信】スペースJAPAN特別企画「超小型衛星ミッションに挑む!古川宇宙飛行士×学生トークセッション」
【ISSリアルタイム交信】スペースJAPAN特別企画「超小型衛星ミッションに挑む!古川宇宙飛行士×学生トークセッション」 全 2 枚 拡大写真

 JAXAは2023年12月15日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中のJAXA古川聡宇宙飛行士と地上スタジオを結んで交信するイベント「【ISSリアルタイム交信】スペースJAPAN特別企画『超小型衛星ミッションに挑む!古川宇宙飛行士×学生トークセッション』」をYouTubeにて配信する。

 JAXAの古川聡宇宙飛行士らは、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在して早4か月が経過しようとしている。宇宙技術の発展や、地球規模の社会課題解決への貢献のため、有人宇宙活動のミッションに挑戦しているという。

 今回は、「#スペースJAPANを応援しよう」というテーマのもと、古川宇宙飛行士のISS長期滞在中ミッションの1つである「超小型衛星放出」をテーマに、2つの超小型衛星「Clark sat-1」「BEAK」を紹介する。また、古川宇宙飛行士と地上を繋ぐリアルタイム交信を行う。

 「超小型衛星放出ミッション(J-SSOD)」とは、ISSのモジュールで、唯一エアロックとロボットアームの両方をあわせ持つ「きぼう」日本実験棟の機能を活用し、ISSから超小型衛星を放出するという。超小型衛星放出事業を行い民間事業者を通じた超小型衛星や、国際協力に資する超小型衛星などを放出する。

 イベントでは特別ゲストに、宇宙大好き芸人「きくりん」を迎える。そのほか、ISS「きぼう」日本実験棟から放出する超小型衛星の開発に携わった高校生と大学生を招き、衛星開発の経緯などについて話を聞く。ISSとの交信では、古川宇宙飛行士に直接質問もする。

 また、JAXA解説員による「超小型衛星放出ミッション」についての説明コーナーなども設ける。

 配信は、12月15日午後8時15分から9時5分を予定している。JAXA公式YouTubeチャンネルにて視聴できる。

◆【ISSリアルタイム交信】スペースJAPAN特別企画
「超小型衛星ミッションに挑む!古川宇宙飛行士×学生トークセッション」
日時:2023年12月15日(金)20:15~21:05(予定)
形式:JAXA公式YouTubeチャンネルで配信

《宮内みりる》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集