科研費「宇宙に生きる」公開シンポジウム2/29

 科研費 新学術領域研究「宇宙に生きる」の「一般公開シンポジウム・サイエンスのひろば」が、2020年2月29日に開催される。会場は一橋講堂で参加費は無料。事前予約制。

教育イベント 高校生
科研費 新学術領域研究「宇宙に生きる」一般公開シンポジウム・サイエンスのひろば
科研費 新学術領域研究「宇宙に生きる」一般公開シンポジウム・サイエンスのひろば 全 2 枚 拡大写真
 科研費 新学術領域研究「宇宙に生きる」の一般公開シンポジウム・サイエンスのひろばが、2020年2月29日に開催される。会場は一橋講堂で参加費は無料。事前予約制。

 科研費 新学術領域研究「宇宙に生きる」は、JAXAの古川聡氏を代表とする新学術領域研究チーム。宇宙で起こる、無重力による筋肉の萎縮や閉鎖環境による体内リズムの不調などを詳しく調べ、それらの回避や軽減を目指し、同時に現在の超高齢化やストレス社会の克服につなげようと結成された。

 「サイエンスのひろば」では、パネルディスカッション「宇宙に行くと、どうなるの?」と、ブレインストーミング「宇宙についてなんでも語ろう!」を開催。宇宙に生きるための研究の紹介を聞いた後に、研究者と話をする場が設けられる。

 公開シンポジウム「~宇宙に生き、地上で活かす~」では、代表の古川聡氏による“新学術領域研究「宇宙に生きる」5年間の取組”や、筑波大学の斎藤環氏による特別講演“宇宙空間における対話可能性”などを聞くことができる。

◆科研費 新学術領域研究「宇宙に生きる」一般公開シンポジウム・サイエンスのひろば
日程:2020年2月29日(土)
場所:一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2丁目1-2 学術総合センター2F)
参加費:無料
対象:科学・宇宙に興味のある人(中学生以下が参加の場合は保護者同伴)
申込方法:Webサイトより可能
締切:2020年2月20日(木)
※定員に達した場合は、事前に受付を終了する場合がある
【サイエンスのひろば】
時間:13:00~14:45
定員:80名
【一般公開シンポジウム】
時間:15:15~18:45
定員:450名

《森井ゆか》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集