TikTok、ペアレントコントロール利用の手引き公開

 ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は2021年9月1日、保護者が子供のデジタルライフを見守るための「ペアレントコントロール利用に関する手引き」を公開した。オンラインの安全性について、10代の子供たちと話したい5つのことをまとめている。

デジタル生活 保護者
ペアレントコントロール利用に関する手引き
ペアレントコントロール利用に関する手引き 全 2 枚 拡大写真
 ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は2021年9月1日、保護者が子供のデジタルライフを見守るための「ペアレントコントロール利用に関する手引き」を公開した。オンラインの安全性について、10代の子供たちと話したい5つのことをまとめている。

 TikTokは、2019年4月より「ペアレンタルコントロール機能」の提供を開始。保護者が自身のアカウントと13歳以上の未成年の子供のアカウントを連携させることで、子供がどのようにTikTokを使用するか管理し、アカウントの公開設定等、安全性に関わる要素を直接設定することができる。

 9月1日に公開した「ペアレントコントロール利用に関する手引き」は、保護者が10代の子供のデジタルライフについて理解を深め、プライバシーの保護と安全のバランスを考えるため、子供たちが保護者にデジタル利用のサポートに際して期待する典型的な内容をまとめたもの。「家でのルールを一緒に考えてほしい」「いつでも相談したい」「問題が起きても慌てないでほしい」「信頼してほしい」「プライバシーを尊重してほしい」という5つのメッセージを掲げ、子供の思いや保護者へのアドバイスを伝えている。

 TikTokでは、子供をもつ保護者からの「常に変わるトレンドや新しいソーシャルメディアの進化についていくことは難しい」等の声を受け、10代の子供たちが信頼する大人からのサポートがほしいと思っている点を伝えることで、保護者に子供のデジタルライフについて「一緒にルールを考える」機会を提供したい考え。手引きに記載している内容は、TikTokのセーフティセンター保護者向けガイドからいつでも確認できる。

 すでにペアレントコントロール機能を設定している保護者に対しては、あらためて子供と一緒にデジタル利用のルールを考えてもらえるよう、手引きの詳細の確認を促すアプリ内通知を発出。9月1日以降に初めてペアレントコントロール機能を設定する保護者にも、サインアップ時に手引きの詳細の確認を促すアプリ内通知を届ける。

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集