【夏休み2022】J-POWERエコ×エネ体験ツアー小学生親子編8/9・10…森・水・電気のつながりを学ぼう

 J-POWERグループが「エネルギーと環境の共生」をめざして取り組んでいる社会貢献活動「エコ×エネ体験ツアー」の小学生親子編が、2022年8月9日と10日、オンラインで開催される。対象は小学4年生から6年生の親子ペアで、参加費は無料。

教育・受験 小学生
【夏休み2022】J-POWERエコ×エネ体験ツアー小学生親子編8/9・10…森・水・電気のつながりを学ぼう
【夏休み2022】J-POWERエコ×エネ体験ツアー小学生親子編8/9・10…森・水・電気のつながりを学ぼう 全 4 枚 拡大写真
 J-POWERグループが「エネルギーと環境の共生」をめざして取り組んでいる社会貢献活動「エコ×エネ体験ツアー」の小学生編が、2022年8月9日と10日、オンラインで開催される。対象は小学4年生から6年生の親子ペアで、参加費は無料。

親子で一緒に「自然」と「エネルギー」を感じ考える人気の無料ツアー



 エコ×エネ体験プロジェクトは、J-POWERグループが「エネルギーと環境の共生」をめざして取り組んでいる社会貢献活動で15年の歴史を誇る。中でも、「エコ×エネ体験ツアー」は、例年夏休みに1泊2日のツアーに小学生親子ペアを無料招待し、水力発電所の内部を見学したり、水力発電の仕組みを知るために森とのつながりを体験から学んだり、親子で学びながら旅をする「実体験」重視の濃密なプログラムが人気で、毎年10倍近い応募倍率となっている。

昨年のオンラインツアーのようす
 2022年の「エコ×エネ体験ツアー水力編」は昨年に続いてオンラインで開催。奥只見からのライブ中継では、水力発電の源となるダムと美しい自然をオンラインで冒険する。また恒例の発電所見学の時間では360度カメラで御母衣発電所に潜入した映像を特別公開する。

 さらに、ユネスコ・エコパークに登録された豊かなブナ林や、世界遺産の白川郷の映像から、大きなダムを囲む豊かな自然と人の暮らしとエネルギーのつながり、実験授業のライブ配信からは水力発電のしくみ等を学ぶ。当日は質問も受け付け、親子でコミュニケーションをとりながら双方向で楽しめる内容となっている。

 全国どこからでも参加可能できるエコ×エネ体験ツアーは、親子で一緒に「自然」と「エネルギー」を感じ、考える貴重な体験機会だ。昨年は海外在住の親子も参加したり、全国の同世代の親子とつながり、学び合うひとときを提供している。(昨年の同ツアーレポート記事「自然とエネルギーのつながりを実感…J-POWER「エコ×エネ体験」初の小学生向けオンラインツアーの魅力」はこちら

 世界中で取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)のために自分ができることは何か考えたり、夏休みの自由研究に活用したり、家族で学びある旅のシミュレーションをしたり、バーチャルツアーでの冒険から「問い」をもち帰り、次のアクションを親子で考えてみてはいかがだろうか。

2022 J-POWERエコ×エネ体験ツアー小学生親子編
オンラインで森・水・電気のつながりを学ぼう!



開催概要


日時:
[A]2022年8月9日(火)9:30~12:00
[B]2022年8月9日(火)14:00~16:30
[C]2022年8月10日(水)9:30~12:00
[D]2022年8月10日(水)14:00~16:30
※いずれも同じ内容で2時間半程度を予定。申込み時にA~Dを選択する
場所:ご自宅等インターネットがつながる場所(Zoomを利用)
参加費:無料(インターネット接続にともなう料金は各自負担)
参加条件:カメラ・マイク内蔵のパソコンおよび安定的なインターネット接続環境があること
募集対象:小学生4~6年生、保護者1名、計2名のペア(当選者家族の傍聴は可)
募集定員:各回35組70名(応募者多数の場合は抽選)

プログラム(予定)


1.オリエンテーション
2.奥只見とライブ中継
3.御母衣発電所見学(360度映像)
4.白川郷映像体験
5.自然体験プログラム
6.ドクターの電気実験コーナー
7.親子の時間
8.質疑応答
※途中休憩有り
申込締切:2022年7月1日(金)17:00まで
結果通知:応募者多数の場合は抽選のうえ、当選の方のみメールにて「当選案内文書」を通知する(7月15日ごろを予定)

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては変更・中止となる場合がある
J-POWERエコ×エネ体験ツアー2022(小学生親子編)
オンラインで森・水・電気のつながりを学ぼう!お申込みはこちら

《編集部》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集