学びと思い出づくりのチャンスを逃さない…臨機応変な教育資金繰りの強い味方「LINEポケットマネー」

 子供の興味関心は移ろいやすい。でもその好奇心こそが成長の鍵になる。「今学ばせたい」「体験させたい」という思いを逃すことのないよう、突発的な教育支出の際に頼りになる「LINEポケットマネー」を紹介する。

生活・健康 保護者
学びと思い出づくりのチャンスを逃さない…臨機応変な教育資金繰りのための「お財布」を用意しよう
学びと思い出づくりのチャンスを逃さない…臨機応変な教育資金繰りのための「お財布」を用意しよう 全 4 枚 拡大写真

 夏休みは、学習においてもレジャーにおいてもまとまった時間を有効活用できるチャンスだ。塾や予備校の夏期講習や習い事、家族旅行やレジャー体験を検討している家庭も多いのではないだろうか。

 それゆえ夏休みをはじめとする連休は、何かと出費がかさむ季節でもある。「悔いのないように夏期講習を受講させたい」「今しかできない学びを惜しみなく与えてあげたい」「家族でのレジャー体験を大切にしたい」。子供のキラキラした好奇心にいつでも応えられるように、経済的な備えをしておきたいと思うのが親心だろう。

 本記事では、そうした急な教育支出の際に頼りになるサービスを紹介したい。とりわけ、日常的に利用している保護者も多いであろうLINEアプリで、借入返済等の手続きが完結できる個人向けローンサービス「LINEポケットマネー」は、子育て世代の強い味方だ。

【スマホでご覧の方】
急な教育支出の際に頼れるサービス「LINEポケットマネー」

成長に欠かせない「学校外」の学びやレジャー体験

 「大学卒業までにかかる子育て費用は約2,000万円」という情報がメディアを賑わせて久しいが、ひと口に「教育費」と言っても、その内訳は幅広い。文部科学省が全国の幼稚園・小学校・中学校・高校並びにその保護者を対象に実施している「子供の学習費調査」からは、その全貌を窺い知ることができる。授業料や学用品、PTA会費、修学旅行費のみならず、私立校の場合、学校によっては寄付金や学校納付金、施設設備資金などが必要になる場合もある。さらに学校外活動にかかる費用として、家庭内学習をはじめ、学習塾や家庭教師、体験・地域活動、芸術・文化・スポーツ、家族でのレジャー活動など、さまざまな体験に対する費用が挙げられている。そしてこれらの学校外活動こそが、感性を育み、心身ともに健やかに発達するために欠かせないもののように思われる。

 2018年度の同調査結果から学習費の推移をみると、2018年度におけるその総額は、2016年度の前回調査時に比べて小学校・中学校で公立・私立ともに増加。学校外活動費に関しても増加している。良質な教育を提供するために必要な費用を惜しまない家庭が増えており、そうした教育への熱意が数字にあらわれているといえよう。

コロナ禍、我慢していた子供たち・親たち

 そうした教育熱の高まりと裏腹に、2020年から始まったコロナ禍により、子供の豊かな体験の機会が奪われてしまった現状もある。今年に入りようやく全国的にまん延防止等重点措置が解除され、行動制限が緩和されたことで、今まで我慢していた家族でのレジャー体験や、学びにつながる活動をここぞとばかりに再開するのは当然のことだろう。

 現に、観光庁が2022年4月28日に発表した宿泊旅行統計調査(2022年3月・第1次速報)によると、同年3月の延べ宿泊者数は3,338万人泊で、前年同月に比べ22.3%増加した。昨今のGWに関わる報道でも、都道府県をまたぐ人の移動は昨年に比べ3割増え、コロナ禍前の8割まで回復したという。

どうする?「惜しみない学びの体験」のための資金繰り

 かたやいまだコロナ禍ということで、お出かけの内容には変化がみられる。費用を抑えてコスパの良い家族旅行パックを利用するよりも、感染防止対策の徹底を優先し、自家用車やカーシェアを利用して、近場への小規模レジャーに頻繁に行くお出かけスタイルが人気を集めているのだ。

 やっと子供の「お出かけしたい」という要望に応えられる環境になってきた今、経済的な縛りなく、好奇心を満たしてあげたいもの。子供からいつ何時要望されようとも対応できるよう、コロナ禍の子育て世代は準備しておきたい。

教育に関する資金繰りに、新たな選択肢を

 教育に関わる資金繰りとして学資保険や教育ローンを活用しているご家庭もあるだろう。とはいえ「今行っておきたい」「今しか体験できない」「今まで我慢した分お出かけしたい」という突発的な支出が増えているこのコロナ禍、即時にそのようなサービスに頼ることは難しい。その点、臨機応変に利用できるのが個人ローンサービスだ。

 多くの世代で生活のインフラとして定着しているコミュニケーションツール「LINE」では、突発的な支出に対応できる個人ローンサービス「LINEポケットマネー」を、2019年から展開している。ユーザーの多くは、まさに子育て世代にあたる20~40代。男女比は男性6:女性4と、父親母親いずれにも同程度に利用されている。個人ローンサービスに馴染みのない方にも、LINEアプリ内で手続きが完結できるという使い勝手の良さが評価され、2022年3月現在における「LINEポケットマネー」の累計申込件数は100万件、累計貸付実行額は500億円を突破したという。

【スマホでご覧の方】
子育て世代から支持される「LINEポケットマネー」

 「LINEポケットマネー」は、アプリ完結型のローンサービスで、LINEのアプリから申込および審査ができ、借入時は「LINE Pay残高」へのチャージまたは「個人名義の銀行口座」に入金される。返済は「LINE Pay」残高から自動で引き落としすることで、すべてLINEアプリ上で手続きできる仕組みだ(※借入残高が100円以上の場合、銀行口座からの返済も可能)。

 ユーザーの利用傾向をみると、1回当たりの借入金額は3万円未満が7割を占め、少額・高頻度での利用が中心となっている。利用用途は「食費・日用品」が44%、次いで「趣味・レジャー」が27%で、日常的な生活費やレジャーに関する利用が大半を占めている。コロナ禍にありがちな「公共交通機関ではなくカーシェアを利用して安全に移動したい」「子供が興味を示した近隣の週末イベントに家族で出かけたい」などのシチュエーションで、活用しやすいサービスといえよう。

子育て世代に優しい「LINEポケットマネー」の特徴

 使い勝手の良い「LINEポケットマネー」の機能の中から、いくつかの特徴を紹介しよう。

お出かけ計画から資金繰り、思い出の共有までワンストップ

 「LINEポケットマネー」は日常的に活用しているスマホのLINEアプリから利用できる。申込から審査、借入、返済まですべてLINEアプリ上で完結できるため、窓口への来店や郵送などの面倒な手続きが不要なのが大きな特徴だ。つまりLINEアプリは、家族のLINEグループでお出かけの予定を立て、レジャー費用をLINEポケットマネーで用意し、外出先での買い物をLINE Payで支払い、思い出の写真はLINEアルバムで共有するといった、一連の家族のレジャー体験をサポートしてくれるのだ。

ライフスタイルを分析し、無理のない借入を提案

 さらに、少額から借入・返済が可能な点も使いやすいポイント。1円から最大300万円まで、貸付利率3.0~18.0%で借入できるほか、利用限度額や貸付利率は個人のライフスタイルやLINEの利用状況を数値化する「LINEスコア」を活用して、ひとりひとりに合った仮条件が提示される。この仕組みにより、個人のライフスタイルに合った貸付条件での利用を提供し、ユーザーの生活に寄り添った無理のない借入・返済をサポートしてくれる。

ユーザー心理を汲んだ、充実の返済サポート機能

 他にも返済に関しては、使いやすい機能が揃っている。申込時に設定した毎月の返済日にLINE Pay残高から自動返済されるようになっているだけでなく、返済日以外の日でも「随時返済」することが可能。LINE Payを利用した随時返済時の手数料は無料だ。「LINEポケットマネー」の返済取引金額のうち、実に84%が随時返済となっており、「返したいときにこまめに返す」「お金が揃い次第早めに返す」というユーザー心理に寄り添った機能が、毎月の支出額が読みづらい子育て世代にとって、 使い勝手の良さとして評価されているのだろう。

 また、マルチタスクで多忙な子育てユーザーに嬉しいのが「返済アラート」機能。返済日の3日前にLINEアプリでメッセージ通知が届くことで、LINE Payへのチャージ忘れから残高不足で返済できないという「ついうっかり」のミスが起こりにくい。普段から慣れ親しんでいるLINEアプリのデザインだからこそ、ユーザーにとって使い勝手も良く、返済シミュレーションなど必要な情報にもアクセスしやすい。意図しない延滞を防ぐ仕組みが備わっているのは、個人向けローンサービス初心者にとっても心強いポイントだ。なお、初めて利用するユーザーには、新規契約日から100日間に支払った利息を後日LINE Pay残高でキャッシュバックしてくれる(諸条件あり、公式サイトを要確認)。

【スマホでご覧の方】
普段のコミュニケーションツールで手続き完結「LINEポケットマネー」

LINEで手続きできるシンプルさと安心感

 あらためて「LINEポケットマネー」の利用の流れを整理しよう。

 「LINEポケットマネー」の利用対象は、満20歳から満65歳まで(加入時の年齢)の日本国内在住者であることが前提となっている。その他にも諸条件あるが、学生や主婦でもアルバイトなど安定収入がある場合は原則申込可能となっている。

 申込は、24時間365日いつでも可能だ(※メンテナンス等の時間帯を除く)。LINEアプリ右下の「ウォレット」には、「友だち」に贈り物ができる「LINEギフト」、オンラインショッピングができる「LINEショッピング」をはじめ、まさに「お金」に関わる各種サービスがまとまっている。「LINE Pay」に登録したうえで、「LINEポケットマネー」サービスにアクセスすることで、よりスムーズに申込みに進むことができる。

 申込み後、審査が完了すると、専用LINEアカウントより審査結果がメッセージで通知される。契約内容を確認し、晴れて契約が完了する。

 契約完了後、いよいよ借入が可能となる。「LINEポケットマネー」のサービストップページにある「借入する」ボタンから実行できる。借入金はLINE Payもしくはあらかじめ登録したユーザー名義の銀行口座へ入金される。LINE Pay対応店舗での利用を想定する場合には、LINE Payへの入金をお勧めしたいところだが、銀行口座への入金であっても利用手数料はかからないので、自身の利用スタイルに応じて選ぶと良いだろう。

銀行口座入金を利用時の注意点
※金融機関の都合により、着金までに時間を要する場合がある。
※平日6時~8時29分の受付分は当日8時30分以降の振込となる。
※50,000円以上の借入が必要となる。

学びと思い出づくりのチャンスを逃さない、臨機応変な資金繰りを

 先述したとおり、教育費には、計画的に準備できるものと、その都度対応していかなければいけない突発的なものがある。興味関心の移り変わる子供たちにとって「やりたい時がやり時」。せっかくやる気のスイッチが入った時の「今やりたい」「これを習ってみたい」「すぐに行ってみたい」という気持ちや、家族での思い出づくりのチャンスを、手持ち資金が不足していたがために諦めてしまうのはもったいない。

 「LINEポケットマネー」は、教育支出を伴走してくれ、子育て世代にとっての頼れる存在だ。納得のいく子育てをするためにも、臨機応変な資金繰りの選択肢の1つとして、覚えておきたいサービスだ。

【スマホでご覧の方】
普段のコミュニケーションツールで手続き完結「LINEポケットマネー」

※本記事はサービス内容、キャンペーンの情報提供を目的としており、契約の斡旋、契約の推奨、代理契約等を行うものではありません。
※本記事は可能な限り正確性、妥当性及び最新性等に努めておりますが、必ずしもそれらを保証するものではありません。
※サービス内容、キャンペーンに関する最新の情報は、LINE Credit株式会社の公式サイトにてご確認いただくとともに、それらに関するご質問は同社へ直接お問合わせください。


商品概要



商号・登録番号・協会員番号
LINE Credit株式会社
登録番号 東京都知事(2)第31721号
日本貸金業協会会員 第006067号

対象年齢(契約時)
満20歳~満65歳

契約極度額
5万円~300万円

貸付の利率(実質年率)
3.0~18.0%

返済方式
残高スライド元利定額リボルビング方式

返済期間・返済回数
契約極度額30万円以下の場合:1ヶ月~36ヶ月・1回~36回
契約極度額30万円超100万円以下の場合:1ヶ月~60ヶ月・1回~60回
契約極度額100万円超の場合:1ヶ月~180ヶ月・1回~180回

賠償額の予定(実質年率)
遅延損害金20.0%

担保に関する事項
担保・保証人は不要

審査をする旨
当社所定の審査があります。

お問い合わせ先・住所
03-6670-3941
受付時間 10:00~18:00 (土・日・祝休日・年末年始を除く)
〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1

返済シミュレーション
こちらからご確認ください。
※LINEアプリがダウンロードされているスマートフォン端末でご確認ください。

ご契約内容をよくご確認ください。ご利用は計画的に。

貸金業相談・紛争解決センター
返済等でお困りの方は
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051
受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝休日・年末年始を除く)

《羽田美里》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集