プログラミングを学べる車型ロボットキット「mBot」

教育ICT 小学生

mBot(800-MBSET001)
mBot(800-MBSET001) 全 5 枚 拡大写真
 パソコン・周辺機器の取り扱うサンワダイレクトは、Makeblock社製「mBot」(型番800-MBSET001)を12月14日に発売した。自動車の形をした、子ども向けのプログラミング教育ロボットキット。販売価格は16,800円(税込)。

 「mBot」は、プログラミングでさまざまな制御が可能な自動車型の教育ロボット。付属のリモコンだけでなく、Bluetooth通信でスマートフォンやタブレットからも操作できる。メインボードは、光センサーやブザーなどを搭載した「mCore」。ロボットの骨組みやネジ、ナットなどは、キットとして一式そろっている。

 安全・簡単な設計なので、ドライバーだけを利用して10分程度で組み立てることができる。入門用ソフトを使って、方向転換・光らせる・音を出す・障害物を回避、などの制御が可能。創造性・論理性を育み、楽しみながらプログラミングを学べるという。

 また、基盤部分のLEDが子どもの目を刺激しないよう、保護カバー付き。光を確かめたいときは、カバーなしでの使用も可能。

◆Makeblock mBot「800-MBSET001」
プログラミング・教育ロボットキット・知育ロボット・Bluetooth版
販売価格:16,800円(税込)
製品サイズ:W170×D130×H90mm(完成後)
重量:約500g
セット内容:取扱説明書、ライントレースマップ、骨組み、リチウム電池ホルダー、リモコン、ローラーボール、モーター、mCore、mCoreケース、ネジM3・M4、タッピングネジ、M3ナット、マジックテープ、プラススタッド、RJ25ケーブル、超音波センサー、ライントレースセンサー、Bluetoothモジュール、ドライバー(先端・持ち手)、電池ホルダー、車輪、USBケーブル

《神山千寿子》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集