【大学入学共通テスト2022】(2日目1/16)数学1の難易度<4予備校・速報>SNSの反応通り「難化」傾向

 2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験)2日目の1月16日実施、数学1(数学I/数学I・数学A)について、東進、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールが分析した科目別難易度をまとめる。

教育・受験 高校生
2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト2日目の1月16日に実施された数学1について、東進、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールが分析した科目別難易度をまとめる。
2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト2日目の1月16日に実施された数学1について、東進、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールが分析した科目別難易度をまとめる。 全 2 枚 拡大写真
 2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)2日目の1月16日に実施された数学1(数学I/数学I・数学A)について、東進、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールが分析した科目別難易度をまとめる。

 難易度はいずれも昨年の大学入学共通テストとの比較で分析されている。編集部でまとめた下記の難易度表では難化は赤、易化は青に色分けしている。詳細については、各予備校のWebサイトを参照してほしい。

 なお、1月16日午後6時時点で分析未対応の科目は「-」で記載した。今後、予備校のWebサイトで追加・修正される可能性がある。

 数Iは、午後6時時点で難易度分析が完了しているのは東進とデータネットで、東進は「昨年並み」、データネットは「やや難化」としている。数I・Aは、東進と代々木ゼミナールは「やや難化」、河合塾とデータネットは「難化」としている。



 いずれも試験終了後に、SNSを賑わせた受験生の難易度所感通りといった印象だ。

 河合塾とデータネットは1月16日夜、予想平均点を発表する予定だ。例年にならうと午後10時ごろになる見込み。あわせて参考にしたい。

 リセマムで公開している問題分析および難易度、解答速報に関する記事は下記のとおり。

<1日目>
>> 4予備校の【地理歴史・公民の問題分析】はこちら
>> 4予備校の【国語の問題分析】はこちら
>> 4予備校の【英語の問題分析】はこちら
>> 1日目の【難易度分析】はこちら
>> 1日目の【問題・解答】はこちら

<2日目>
>> 4予備校の【理科1の問題分析】はこちら
>> (Coming Soon)4予備校の【数学1の問題分析】はこちら
>> (Coming Soon)4予備校の【数学2の問題分析】はこちら
>> (Coming Soon)4予備校の【理科2の問題分析】はこちら
>> (Coming Soon)2日目の【難易度分析】はこちら
>> (Coming Soon)2日目の【問題・解答】はこちら

大学入学共通テスト2022 特集
大学受験 特集

《編集部》

この記事の写真

/

特集